1 2

メール術はナンパでも大切なポイント

女性と連絡先を交換してメールをすることになるのは比較的よくあるケースです。ですが、メールを送ったら返信が来ないというのも、多くの方が体験することです。メールは気軽に遅れますが、実は奥が深いコミュニケーションツールです。気を付けるべきポイントを押さえてメールをしていきましょう。まず、メールは次のアポ、会うことに繋げるというのが基本になります。メールで楽しくやり取りをしたけれどそれで終わりというのは、メールだけ楽しみたいなら良いかもしれませんが、多くの方はそうではないはずです。まずはこの大前提を押さえておきましょう。

気持ち悪いメールを送らない
ストレートな言い方になりますが、基本のポイントとして気持ち悪いメールは送らないということを心掛けましょう。意外とこれはやってしまいがちです。特に多い例としては、返事の催促のメールを送るというものです。女性から返事が来ないと不安になってしまいがちです。女性慣れしていない方はここで催促のメールを追加で送ってしまうというのがよくありますが、これは止めましょう。女性からすると少し気持ち悪いと捉えられてしまいます。返事が来ないのはあなたが悪い訳ではなく、単純に忙しいので後で返そうと思っていたりするためです。また、長い文章と顔文字を多用する文章もNGです。響く女性も中にはいますが、基本的には男らしくないと捉えられてしまいます。

基本は友達に送るような感覚で
メールを送る時は友達に送るような感覚で送ると良いです。気軽に送る感じと、あまり用がない時は無理に送らないことが大切です。それくらい気軽な方が女性は重たくないと感じるので、逆に接しやすい人だと思ってもらいやすいのです。友達から返事が来なくても催促のメールなどは送らないはずです。こうした日常的な感覚で女性にも送ることがポイントです。多少くだけていても全く問題ありません。返事が来なくてもそのままにしておくとふとした時に返事が来ることもあります。