ナンパについてきたアラサーOLの身持ちは堅かった

5,328 views

oll

 

ナンパーワン特派員ジョー(プロフィール)です。

ナンパを再開して合コンなんかもこなしし、徐々に勘を取り戻しつつはあるものの、そう簡単には女体にはありつけない今日この頃。

今回は先日吉祥寺ナンパでLINEを交換したアラサーOL(詳細は⇒吉祥寺ナンパ)と新宿で食事をしてきたので、その様子をレポートしていくことにします。

概要

日取り:平日の金曜夜

時間:20:00~23:00

場所:新宿

成果:アラサーおばちゃんとの至福のひと時

費用:食事代を少し多めに払って4000円

今回のアラサーOLの特徴

吉祥寺でナンパをした時はノリが良く、あっさりと事が進むかと思いきや、しっかり話し込んでみると芯がある人でした。

一方で、自分から告白することをいとわないと話し、かつ元彼や好きになった男はダメ人間ばかりというクセの強さも併せ持っていました。

はてさて、こんな面倒でアクの強い女を攻略することが出来たのか。

アポ取りから合流して食事をしてから別れまで

LINEでのアポとり

LINEを交換して、アポイントを取り付けるまでは実にスムーズにいった。

やりとりの回数もそれほど重ねることなくアポを取り付けることに成功。

金曜の仕事後だったら空いてるよ~

と、ものすごく軽ーい返事を頂く。

アポイントの日程調整があまりにあっさりと決まった場合、多少苦労した場合に比べてドタキャンされる可能性が高く、今回もその懸念がなかったわけではない。

(ナンパで知り合った男とすんなり会う約束をするということは、誰からの誘いにも応じるタイプであるという事であり、予定が重なれば必然的に優先順位の低いナンパ男の方を取り下げるため)

それは今回は余計な心配に終わったわけだけれど、実際に会ってみると逆に思っていた性格と違ったのであった…!

新宿での食事

shinjyuku アラサーOLの仕事の終了時間が未定とのことで、店の予約はせず、合流してから適当にチェーンの居酒屋に入る。

あまり顔を覚えてなかったけれど、会ってみると思っていたより可愛い。

ちょっとテンションが上がった。

しかし、この日は前日に飲みすぎて二日酔いで、朝起きて仕事をして夜になっても体調が悪買った。

合流した時点では無理に明るく振る舞ったけれど、声を掛けた時とのテンションの違いを見透かされて違和感を与えたかもしれない。

店では対面の席に座ったけれど、このOLチャンまあよく目を見て話すこと。

俺の多少つまらない話にも笑顔で相槌を打ってくる。

自分でもそう言っていたけれど、おじさんからすこぶるモテるそうだ。

俺も童貞の頃だったらすっかりホレちゃっていただろう。

愛想が良く、気立ても良く、ニコニコした女に対し、普通の男は気分が良くなってしまい強気な態度を取るようなことはしない。

(よほどのブスであればこの限りではないが)

この時点でアラサーOLのペース・術中にハマっていた。

気付けば俺は気を良くして、謎に紳士でソフトな対応を取るキャラになっていた。

こうやって男を気分よくさせておけば、それとなく自分のしたいことを言っても男はそれを簡単に受け入れる。

そうなれば結果的に自分の主張を通し、相手を操ることも難しくない。

とんだタヌキ女だぜ。

そのことになんとなく気が付いた頃にはもう遅い。

居酒屋に入店し2時間が経過した頃、カラオケを打診したが断られた。

明日の朝早くから予定があるとのことで、また、初対面の人間は信頼できないからカラオケには行けないとのことだ。

人当たりは良いが芯があり、愛想がいいから強気にも攻めにくい。

詰みだなこれは。

現在アラサーで、これまでの人生で30人ほどに告白されてきたが、告られても自分が好きじゃなければ絶対に応じないそうだ。

そして好きな人が出来たら自分からガンガン攻めて、告白するそうだ。

付き合った人数の半分は自分からいったらしい。

ナンパ師にとっては難攻不落に近いじゃん!ルックスも悪くないし、キャバクラとかクラブで働けばかなり売れそう。仕事もやり手なんだろうなあ。あーSEXしてえ。

そんなことを考えながら、更に1時間ほど飲んだ後に解散。

感想・反省点とその後のやりとり

芯があり譲らない部分は絶対に譲らないが、下手(シタテ)に出て男を立てるコミュニケーション術を身に付けているから、我を通しても角が立ちにくい。

伊達に30年生きていないなというやり手のアラサー女との一戦でした。

声を掛けてLINEを交換するまでは10分程度だったから、上辺に惑わされ、それを見抜けないのはしょうがないとして、新宿で合流して2時間ほど気持ちよーく手のひらの上で踊らされていたのが反省点だと言えるでしょう。

僕のナンパのスタンスは楽しむことが第一とは言え、主導権も握れず、その後の展開も期待できない女性とのアポは時間と費用のムダと言わざるを得ません。

今回の様なミスを繰り返さないためにも、

①女性の属性やタイプを早めに見極めること、②自分のペースに女性を引き込んでいくこと

この二つを強化していく次第です。

マジメか!

 

ちなみに食事の終盤では、

『今度、合コンしようよ~』

『いいよ、その時ならカラオケの流れでも断ったりしないし!』

というやりとりがありました。

僕が身体目的だったけれど、それを断念し、最後に雰囲気が悪くならないよう気を使ってそのような発言をしたこと、

それをアラサーOLは僕の心情を全て読み取り、意図を汲んでくれたのか明るく応じてきました。

しかし解散してから互いに一切連絡をとることはなかった。

オトナなやり取りですよね、最後のコレ。

こうして互いが互いを見切ってアラサーOLとの一戦は終了したのでした。

 

関連する記事一覧