花火大会でナンパをする3つのテクニック(浴衣女子との出会い)

16,050 views

花火大会ナンパ 3つのポイント

夏になると、イベントなども増え出会いを求める子が多くいます。夏は多くの女の子たちが開放的な気分になり、大胆になりやすくなります。「一夏のアバンチュール」と言われる言葉があるのはこの為です。せっかくの好条件のこの時期を逃さない手はありません。そして夏のイベントと言えば、花火大会です。時間別のナンパに適した花火大会の場所を知り、効率良くたくさんの女の子とアバンチュールを体験してしまいましょう。

花火大会 浴衣美女

【開始1〜2時間前は花火の見えやすい場所が狙い目】

大きな花火大会など人手の混雑が予想される花火大会では、花火の打ち上げ開始時刻の1〜2時間前が狙い目です。打ち上げが開始される時簡に到着したのでは、身動きもとれず、ナンパどころではありません。花火がよく見える場所では1〜2時間前から場所取りが始まります。女の子の2、3人組もよく見かけますが、花火開始時刻までは暇を持て余している場合が多いです。そこで声をかけるのがお勧めです。彼女たちは場所取りをしていて身動きがとれないので、少し話してから「よかったら飲み物とか買って来てこようか?」と提案すれば大抵の場合喜ばれると思います。開始1〜2時間前は花火の見えやすい場所でナンパをするようにしましょう。

42558_photo1

【混雑しない花火大会では最中のナンパも可能】

先述の通り、人手の多い花火大会では花火が始まると身動きがとれなくなり、ナンパどころではありません。さらに、基本的の女の子たちは花火を見に来ているので、最中に話しかけても空気の読めない人だと思われて相手にされません。

しかし、例外はあります。花火の打ち上げ数が少なかったり、都心ではなかったりなど来場者数が少ない小さめの花火大会なら、花火の最中も可能です。その場合は、打ち上げが始まってすぐではなく、少し時間がたってから話しかけるようにしましょう。また、少し離れた海や河原などから見ることができる花火大会の場合は、混雑するスポットよりもこちらの方がオススメです。のんびりと花火を見ている女の子たちが多いので、声をかけても比較的返事をしてくれるでしょう。

【花火終了後は会場に留まっている女の子たちに声をかける】

花火が終わると、家に帰ったり場所を移動したりする為に駅へ向かう人々の列ができます。そこにいる女の子に話しかけるのはあまり得策ではありません。彼女たちの目的は駅に向かうことですし、行列に嫌気がさしているのでそこで話かけてもウザがられてしまう場合が多いでしょう。

ナンパが成功しやすいターゲットは、駅に向かう人々の混雑を避けるため、そのまま会場に少し留まっている女の子たちです。彼女たちは基本的に時間があり、また花火も終わり退屈している可能性もあるので、声をかけても応えてくれる可能性が高いのです。「人すごいね〜。飲み物余ってるんだけどよかったら飲む?」などと話しかけてみましょう。

花火大会は浴衣を着た可愛い女の子たちがたくさん集まる絶好のチャンスです。当日のお持ち帰りを目指すのではなく、より多くの女の子の番号をゲットすることを目標としましょう。

関連する記事一覧