噂の出会いアプリMatchbook(マッチブック)について調べてみた

4,550 views

th_スクリーンショット 2015-08-15 23.54.25

 

2015年8月12日、リクルートグループからFacebook恋活アプリ『Matchbook』がリリースされたそうです。

登録ページを見ると、Matchbook(マッチブック)を支持するミスコンの女子大生が登録しており、相手を探しているとのこと。

そんな簡単にミスコン女子大生と出会えるかよ!

と思いつつも、

可愛い女子大生との出会いがあるかも…

と甘い誘惑に簡単に負けてしまったので、まずはMatchbook(マッチブック)を詳しく調べてみることにしました。

20_santen_600x600

ナンパーワン読者限定!このリンクからMatchbookへ登録すると特別に5000円相当のポイントがもらえます

Matchbook(マッチブック)とは

リクルートグループの株式会社ニジボックスが運営するFacebook連動の恋活アプリ。

そのため登録にはFacebookのアカウントを作っておく必要があります。

大手の運営であることからセキュリティ面では安心だし、Facebook連動のアプリということでサクラや変な業者の介入の余地がなく健全性が高いと言えるでしょう。

ただ、僕のように友達の少ない人間にとってはFacebookのアカウントを作って友達を集めることがハードルが高いんだよな…

Matchbook(マッチブック)は10人以上の友達がいる状態でないと利用できないようです。

僕も他のFacebook連動アプリを利用する時にはその点に苦労しましたが、まずはなんとか10人友達を集めましょう!

Facebookの登録と利用は無料だし、Matchbook(マッチブック)の登録に関しても無料だから、リスクはないですしね。

プライバシーもバッチリ

tokumei

Facebook連動のアプリなので健全性がありながらも、プライバシーはしっかりと確保されています。

なぜならFacebookで繋がっている友人・知人にMatchbook(マッチブック)の利用がバレることはないからです。

Facebook上でMatchbook(マッチブック)に関する投稿が表示されることは一切なく、Matchbook(マッチブック)上でもFacebookの友達は表示されないようになっています。

Facebookを使ってない人には意味わからないでしょうけれど(笑)、とりあえずは知人バレすることがないと思ってもらって結構です。

婚活よりも恋活!?

M1IHnsfYRz2ThTgzl6qz_canyousea

 これはあくまでも個人的な意見ですが、Matchbook(マッチブック)は比較的に若年層(具体的には18歳~30半ばくらい)をターゲットにした恋活アプリだとみています。

婚活ではなく、あくまでも恋活。

理由は2つあります。

・リクルートグループから2014年末に『ゼクシィ恋結び』というアプリがリリース されていること

・登録へ誘導するページに女子大生など若いモデルを使っていること

 

今回のMatchbook(マッチブック)はリクルートグループからリリースされているのですが、2014年末にも同じくリクルートグループから『ゼクシィ恋結び』というFacebook連動の出会いアプリがリリースされています。

1年も経たないうちに同じグループが似たようなアプリをリリースする。はたして、これは何を意味するのか?

ゼクシィ恋結びという出会いアプリが順調だから、ターゲットを変えて似たようなアプリを展開していこう、という意図を感じてなりません。

ご存知の通り、『ゼクシィ』は結婚情報メディアです。

そのゼクシィから出会いアプリが解禁されるとなると、婚活目当ての人間が集まるのは当然のこと。

そもそもとして、近年は未婚率上昇と少子化に歯止めをかけるために、国として出会いの創出に取り組むようになってきており、街コンを始めとして婚活・恋活ビジネスが活況を見せています。

だからこそ、同じリクルートグループが今度は恋活のためのアプリをリリースしたのではないでしょうか。

広告に若い女子大生を起用していることからもそのことが伺えます。

日本では晩婚化が進んでいますし、20歳前後の女性であれば結婚を意識して恋愛をしている割合はそう多くはありませんからね。

まとめると、婚活をしたければ『ゼクシィ恋結び』を恋活をしたければ『Matchbook(マッチブック)』を、といったところでしょうか。

ただ、このサイトの名前はナンパーワン。

女遊びをしたければ、『ゼクシィ恋結び』よりも、もちろん『Matchbook(マッチブック)』を勧めます。

Matchbook(マッチブック)の使い方と仕組み

21_santen_608x80

 (上の画像リンクから登録すれば特別に5000円分のポイントがもらえます。)

上の画像リンクより登録をし、プロフィールを作り込みます。

ここまでは他の出会い系と一緒ですね。

そして、気に入った女性がいた場合に「いいね!」します。

男からの「いいね!」を受けて、女側も「いいね!」をした場合にマッチング成立。

ここまでが無料だそうです。

マッチングが成立した場合、メッセージのやりとりが出来るようになるのですが、メッセージの閲覧は有料会員しかできません。

要するに有料会員にならなければ利用できないってことですね。(女性は完全無料)

「いいね!」の上限と追加

 「いいね!」は基本的に一ヵ月に30回しかできません。

なので、闇雲に「いいね!」をしてしまうと、本当に好みの女性を見つけた時に、「いいね!」が残っていないなんてことになりかねません。

いいね!の利用は計画的に。

毎月毎月「いいね!」は追加される仕組みとなっており、月に1回30いいね!が付与されます。

Matchbook(マッチブック)の利用料金は月額課金で一定なのですが、追加で課金するとことで「いいね!」を購入することも可能です。

資金に余裕があれば、追加購入するのもいいかもしれません。

Matchbook(マッチブック)の料金について

Matchbook(マッチブック)は月額課金制となっており、クレジットカード・app store・google playの3つの決済に対応しています。

それぞれの決済方法によって料金が異なる点に注意です。

一番安いのがクレジットカード決済なので、クレジット決済がオススメです。

以下がクレジットカード決済の料金プランとなっています。

 1ヵ月プラン   2,980円

 3ヵ月プラン   8,580円⇒  360円お得!

 6ヵ月プラン 14,280円⇒  3600円お得!

12ヵ月プラン 22780円⇒ 12980円お得!

12ヵ月プランだと月当たり1000円以上安くなりますね。

ちなみにAndroidユーザーでクレジットカードをどうしても使いたくない人はgoogle playでの決済となりますが、現状では1ヶ月プラン(3000円)単月ごとの契約のみとなっています。

まとめ

 大手のリクルートグループの運営するアプリのためセキュリティ面でも安心で、Facebook連動アプリのためサクラや業者が入り込むスキがなく健全性が高いです。

それでいてプライバシーの保護もしっかりしており、Facebookで繋がっている知人にバレることもありません。

 そして注目すべきは中盤でも述べた通り、恋活アプリとしての側面が大きいこと!

じつはこのMatchbook(マッチブック)なんですが、メディアではcameranシリーズの第4弾と大々的に広告されています。

cameranシリーズというのはカメラアプリであり世界中でダウンロードされていて、第1~3弾まではアプリの機能として写真の装飾やコラージュ、アルバム機能などがありました。

その機能的にもユーザーには若い女性の割合が高く、Matchbook(マッチブック)のリリースにあたってはcameranユーザーに広告がなされ、普段出会い系を利用しない若い女性層を多く取り込んでくれることでしょう。

カメラアプリの第4弾がなぜ出会いアプリなのか全くもって謎ですが(笑)、多くの女性を呼び込んでくれるのならばそんなことはどうでもいいです。

出会いアプリは男の割合が多いのが一般的ですが、最初のうちは上記の理由から比率が逆転し穴場と言えます。

筆者もすぐに3ヶ月プランで登録しました。

月々に約3,000円でミスコン女子大生と出会える可能性を買えるなら安いもんです。

利用してみての感想はまた当サイトで報告していきます。

興味があれば以下から登録してみて下さい。

当サイト『ナンパーワン』経由で登録すれば5000円分のポイントがもらえます。

11_mtl_796x400

Matchbook(マッチブック)に登録する

 

 

関連する記事一覧