駅でのナンパを成功させる3つの方法(駅での出会い)終電後もチャンス

9,243 views

駅のナンパを効率よく成功させる方法

ナンパが成功するのは、クラブやBAR、何かのイベント時だけだと思っていませんか?実はいつも利用している「駅」はナンパの穴場スポットなのです。しかし声をかければいつでもナンパが成功するわけではありません。駅でのナンパは時間やタイミングが非常に大事なのです。ベストタイミングを狙って、駅でのナンパを効率よく成功させてしまいましょう。

【顔見知りの女の子を作り、声をかける】

日常的に使用する駅でナンパをする場合には、女の子と顔見知りになった上で声をかけることができたら一気に成功する確率が上がります。通勤時にはほとんどの人が毎日同じような時間帯に同じ場所に乗車しています。可愛い女の子を見つけたら、毎回同じ電車に乗るようにして、相手にあなたを認識してもらうようにしましょう。そうすれば駅のプラットホームで電車を待っている際に、自然に「よく会いますよね。いつもこの電車なんですか?」と声をかけることができます。
しかし待ち伏せをしたりするのはよくありません。あくまでもあなた自身の日常の行動の範囲内で行うようにしましょう。

【ナンパだと気付かせずに声をかける】

顔見知りになってから声をかけるよりは成功率は落ちるかもしれませんが、ダメージが少なく、何度でも挑戦できるのが女の子にナンパだと気付かせずに声をかけるやり方です。

いつもは使用しない電車の場合、「この電車は○○へ行きますか?」と近くにいる人に訪ねることってありますよね?もしくは、知らない人がとても好みの靴やカバンなどのアイテムを持っていて、「どこで買ったのか聞きたいな〜」などと考えることはありませんか?それをナンパに利用するのです。「突然すみません。それ、どこで買ったんですか?すごく好みで気になってしまって・・」というようなセリフで話しかけ、反応がよかった場合にはそこから会話を広げることができます。そして反応が悪かった場合にも「ありがとうございました〜」とさっと引くことができます。
この方法だと、最後まで女の子にナンパだと気付かれることがないので、失敗してもこちらにはダメージがほとんどなく気楽に試すことができます。

【ベストタイミングは女の子が終電を逃した時】

時間をかけずに、しかも一番成功率が高いのが終電を逃した女の子に声をかける方法です。週末の夜、駅には終電を逃してしまった人たちが多くいます。中には飲み会帰りのお酒に酔った女の子も見かけます。男性の場合は、終電を逃すとタクシーに乗って帰ったり、漫画喫茶やサウナで夜を明かそうと移動したりしますが、女の子はどうしようかと途方に暮れてしまう場合が多いです。

そんな女の子たちは、彼氏や友人など迎えに来てくれる人を探して携帯電話を触っていることが多いので、「大丈夫?困ってるの?」と声をかけましょう。最初は少し警戒されるかもしれませんが、少し話しを聞いてあげて「このまま朝までここにいるのもしんどいし、カラオケでも行く?」や「とりあえず、俺も少し飲みたいしちょっとだけ付き合ってくれない?タクシーで送ってくし」などと誘えば驚くほど簡単に女の子をゲットすることができるでしょう。

このように駅でナンパをするには色々な方法があります。様々な方法を試して、自分に合う方法を見つけましょう。

関連する記事一覧