妹が寝ている横でやってしまった人生最初で最後のワンナイトラブ

1,626 views

indian-627829_640

投稿者の名前きょうこ

年齢23 歳

ナンパされた場所京都府インドネシアのバリ島

恋人の有無彼氏と別れた後

ファッション/系統その頃はギャル系

ダイビングツアーで

3年間付き合った彼氏と結婚が決まり、
式場まで予約をして招待状を送る直前に破談となってしまいそのまま別れてしまいました。

自分で決意したことだったもののなかなか気持ちを切り替えることができず、
妹と二人でインドネシアのバリ島に遊びに行ったのです。

そしたらそこで出会った、日本語の喋れるイケメンガイド。

ダイビングツアーのガイドが彼でした。

私はともかく、彼氏がいた妹のほうが彼の容姿にぞっこんに。

彼に誘われ、妹があまりに乗り気なので
私もしぶしぶその晩は彼の友達を含め4人で飲みに行きました。

妹が彼にべったりだったので、私は彼の友達といい雰囲気に。

ところが、妹が少し席をはずしたすきに
「本当は君と一緒にいたいんだけど」と彼からの猛アプローチ!

そして彼は夜、私と妹の部屋に来てしまいました。

3人で飲みだしたのですが、彼の陰謀で妹は飲まされ続けべろべろに。
結局その後、ワンナイトラブを妹の爆睡する部屋でやってしまったのでした。

ワンナイトラブはそれが最初で最後です。

基本的にワンナイトラブだったり浮気だったりということに反対派だった私が
体を許してしまったのは、長かった彼氏と別れてどうにでもなれという気持ちがあったことや、
切り替えたいという思いがあったこと、そして海外にいったことで
気持ちがオープンになってしまったのかもしれません。

別に後悔はしていませんが、未だに妹にこのことは言えません。

彼が写っている写真を見ながら
「あの人本当にかっこよかった」
という妹にそんなことを言えるはずもなく、そういう意味ではだいぶ罪悪感があります。

ただ、若気の至りだったなと今になっては思いますが、
外国人でしかもツアー客のガイドをしていて、あんな風に女の子を誘うことなんて
彼にとっては日常茶飯事のことだったんだと思います。

コンドームはしっかりつけてもらいましたが、
今は病気をうつされたりすることもちょっとしたミスで簡単に起こってしまうことなので、
こんな恐ろしいことはもう二度とできないですね。

関連する記事一覧