23歳、ワンナイトラブで知った体の相性のこと

1,117 views

01002

投稿者の名前うみ

年齢23 歳

ナンパされた場所鹿児島ラブホテル

恋人の有無彼氏がいました

ファッション/系統原宿系です

仕事先のドライバー

私は、当時経験人数が付き合っている彼1人だけでした。

彼とのセックスしか知らない、彼の体しか知らない女でした。

そのことがコンプレックスで、他の人はどんなセックスするのかなあなんて、
思っている矢先に、仕事先のドライバーから飲みの誘いを受けました。

彼は40過ぎのイケメンのおじさん。おじさん好きな私は二つ返事でオッケーしました。
 居酒屋では、「君のことが好みだった」「可愛いね」など、
色々褒めちぎっていただき、私としても良い気分でした。

ほろよい気分になった時に「ちょっと休む?」と聞かれ、
「少し休むくらいなら」と思ってついて行きました。

 ホテルについた途端ベッドに押し倒されてキスされました。

彼とは違う煙草まじりの味がしました。服の中に手が入って
「おっぱい小さいね」と言われました。すごく恥ずかしかったです。

でも「小さいおっぱい好きだよ」と舐めまわされたのを覚えてます。

そしておじさんの口は私の股に。まるでそばをすするのかのように
私のアソコを音を立てて舐めていました。「美味しい 美味しい」と言ってて、
「気持ち悪い」と思ってしまいました。

いよいよおじさんの息子とご対面・・。

長さはあるけど、太さはない、そんな息子でした。

それを見て付き合ってる彼の息子は長さもあって、
太さもある立派な息子だったんだなと思えました。

おじさんのは太さがないので、私のアソコでは良いキモチになれず
適当に喘いでさっさと帰りました。

体の相性が最悪だったおじさん

彼氏には悪いことをしてしまったり、自分の貞操観念について
考えたりすることもありましたが、ワンナイトラブのことは後悔していません。

なぜなら、彼のことをもっと大切にしようと思えたきっかけだからです。

ワンナイトラブしたことで、他の男の人の体を知ることができました。

しかも、その相手との体の相性は最悪で、彼の息子しか私を満足させることは
できないということも分かりました。このまま他の男の人の体を知らないまま結婚していたら
絶対不倫に走っていたと思います。

 以前までは、「体の相性が大事って言う人って、どうかしてる」
と思っていましたが、やっと理解できました。

男と女は、付き合ったり結婚したりして同じ時間を過ごすにあたって、
セックスというのは必要不可欠な行為に当たります。

それが、お互い気持ちよくないとどちらか一方に不満が出てくるわけです。

おじさんとの関係をワンナイトで終わらせてしまったのも、
体の相性が最悪だと私が思ったからでしょう。
(おじさんからは何度も求められましたが・・。)

関連する記事一覧