最低なバーテンダーと最低な部屋での相性抜群ワンナイトラブ

796 views

tesaaa

投稿者の名前あーちゃん

年齢24 歳

ナンパされた場所東京相手の自宅

恋人の有無未婚フリー

ファッション/系統襟付きシャツに細身パンツで清楚系

もともと私にはしばらく彼氏がいなくて、たまっていたのだと思います。

加えて、初めて会う人とセックスをするということにさほど嫌悪感を
持っていなかったので、そういう雰囲気になった時はためらわず彼の自宅まで行きました。

その彼はそれほどイケメンではなかったのですが、BARのバーテンダーさんということで、
信頼感や優しさはにじみ出ていました。だから心を許してしまったのはあると思います。

しかし、いざ自宅に行ってみると、昔ご両親がお店をやっていらっしゃった店舗の二階で、
掃除もせず、黄ばんだ畳の上にしきっぱなしの布団が1セットあるだけでした。

しかもその布団もなんだか黄色くなっていてベタベタした感じでした。

BARという、華やかなところで働いているわりに、
自宅は質素で汚いもんなんだなと、少し躊躇したのは否めません。

しかし、自宅まで来てしまっているため、今更断るわけにはいかず、
まぁいいか、と言う感じで好意に至ってしまいました。

後悔はしていません。

実際、彼は非常に自分勝手なセックスをする人だったため、こちらをまったく
気持ちよくしてくれなかったし、やはりベタベタした布団での行為は非常に嫌な気分でした。

さっきまでは割と好意を持っていたはずなのに、部屋と彼のセックスを見ていたら、
なんだかもう帰りたいわぁと思ってしまいました。

しかし、もうすでに電車もなく、泊まるしか選択肢はないのねと諦めモードでのセックスでした。

結局コンドームもつけてくれず、最低な男ではありましたが、
これが体の相性が合うと言うのか!と言うほど、
凸と凹の形がめちゃくちゃフィットしたんです。

さっきまでまったく気持ちよくなかった上に、あまり中では気持ちいいと感じない私が

「あ、これ気持ちいい!」と不覚にも思ってしまうほどでした。

なので後悔はしていません。

その後も何度も携帯にメールが来たり電話がかかってきたりして、
非常に迷惑な男になりさがりましたが、それでもあの経験はいい勉強になりました。

関連する記事一覧