後腐れのない関係で、ワンナイトで処女を捨てられた

1,742 views

PAK86_bardeno14181907-thumb-1000xauto-12438

投稿者の名前きょうこ

年齢20 歳

ナンパされた場所東京都池袋のホテル

恋人の有無付き合いはじめたばかりの彼氏がいた

ファッション/系統当時お姉系

話していて楽しく、意気投合

彼氏ができたばかりでしたが、当時処女でした。
私の周りはお姉系だったし、私もお姉系だったので処女だというのがなんとなく恥ずかしかった時です。
出来た彼氏は私にはもったいないほどのイケメンで、今までにも何人もの女性と付き合っていたので、私が処女ということをいいだせませんでした。
どうしようと考えてた時に、相談を聞いてもらいながら友達と池袋で飲んでいたら、
たまたま隣の席に座っていた男性2人組が声をかけてきました。

清潔感があり素敵な感じの少しだけ年上の人たちで、話していて楽しく、意気投合して盛り上がりました。
一緒にいた友達はもうノリノリで、うまく2組に分かれました。そのままカラオケに4人で行って、朝までコースだなんて言っていました。
ここで少し酔っぱらった私は処女のことを男性に相談し始めて、じゃあ、今日処女を捨てようと彼が言ってくれ、Hすることになりました。
いきなりでしたが、うれしかったです。
ここでこの人とHできるなら、少し自信がつくと思いました。

出来たばかりの彼がいましたが

彼とHなことに発展する前にどうしても処女を捨てたかったので後悔はしていません。
ですが、相手はまだ26歳でしたが既婚者だったのが気になりました
電話番号とかも交換しない、本当にワンナイトということだったので奥さんには申し訳ないですが、突っ走ることにしました。
お酒も飲んでいたので、勢いもありましたし、相手の男性も私をワンナイトだけですが狙っている感はあったので双方の同意の上でした。
ワンナイトラブの相手が好みのタイプだったので、私も勢いでいった感は大きいと思います。
好みのタイプとHできたことは嬉しかったです。途中でHなムードになったので止められませんでした。
初めてで緊張しましたが、うまくリードしてくれて、いい初めてを迎えられました。
相手もHできてうれしいと言ってくれて、うれしかったのを覚えています。
お陰で自信が付いたのか、付き合いたての彼氏ともHするのにそんなに緊張せずにスムーズにできました。”

関連する記事一覧