ライブ会場でナンパをする際のターゲット選びのコツ

7,589 views

ライブ会場でナンパをする際のターゲット選びのコツ

ライブ会場には、ナンパが成功しやすい条件が揃っています。会場が薄暗い空間であること、大音量で音楽がかかっていること、同じ趣味という共通点を持った男女が集まっていることなどがそれにあたります。しかしターゲットにする女の子を間違えると、せっかく好条件が揃っているにも関わらず、ナンパの成功率は下がってしまいます。ライブ会場でナンパをする際のターゲット選びのコツを知って、ナンパを成功させましょう。

【一人で来ている女の子が狙い目】

ライブを見に来ているのは、友達同士2、3人のグループやカップルが多いですが、中にはアーティストの熱狂的なファンの女の子が一人で来ていることもあります。彼女たちは誰かと、アーティストの話をしたくてたまらないはずです。そこに声をかけましょう。さらに、同じアーティストのファンということもあって、あなたに対するマイナスのイメージは始めから女の子たちの中にないのも利点の一つです。「一人で来たんで感想を言い合える人がいなくって・・」と話かけてみましょう。上手くいけば、彼女の方からも積極的に話をふってくれるかもしれません。

【開始時刻前にはライブ慣れしていない女の子が狙い目】

ライブの開始前にナンパをする際には、ライブ慣れしていなさそうな女の子が狙い目です。彼女たちは1人で来ていても、2人で来ていても、慣れない空間で少し緊張しているはずです。その為、同じようにライブ慣れしておらず緊張している人に話しかけられた場合、仲間意識を持ってもらえる可能性が高いです。

まわりをキョロキョロしている女の子を見かけたら、「この場所で待ってるのであってますよね〜?始めてなんでよくわからなくって・・」や「開始時間って○○時ですよね?ちょっと遅れてないですか?」等、不安な気持ちを共有したい、という体で話しかけてみましょう。きっと「私たちも慣れてなくて〜」と感じ良く返してくれるはずです。

【ライブ終了後の帰り道は女の子2、3人組が狙い目】

基本的には1人で来ている女の子の方がナンパが成功しやすいですが、ライブの終了後には盛り上がっている女の子の2、3人組も狙い目です。ライブ会場から駅に向かう途中の道なら、人も適度に散らばっているので女の子たちに声をかけても注目を集めにくく、女の子たちも応えてくれやすいです。また、あなたも同じライブ帰りだということがわかれば警戒心もあまり抱かれないでしょう。

ライブ終了後でただでさえテンションがあがっているところに、同じように興奮したファンに話しかけられたら連帯感を感じて、そのまま飲みに行く、ということも決して難しくないでしょう。

この時会話で重要なのは、「聞き役に徹する」ことです。女の子たちはライブの感想が言いたくてたまらないはずですし、人は話をたくさん聞いてくれたことで相手に心を開くという傾向があります。この状況を上手く利用して、可愛い女の子と飲みに行ってそのままお持ち帰りしてしまいましょう。

関連する記事一覧