イククルで年下のイケメンに出合ってときめいて将来が楽しみな日々

48 views

tesaaa

マッチングサービスイクヨクルヨ

投稿者の名前いちご

出会った後に行った場所赤坂

今までに出会ったことのある人数30

恋人の有無いませんでした

ファッション/系統清楚系

相手のファッション/系統ビジネス・スーツ

インターネットでマッチングサービスのサイト

優しくて思いやりがあって、どちらかとよく気がつくほうで、おとなしくてわがままを言わない、というのが密かに抱いている自己評価なのですが、周りの男性は誰も気がついてくれないのが悲しい現実です。その日も会社が終わって、ひとりで地下鉄の駅に向かっていました。

見る目のない男性たちを振り向かせるにはどうすればいいのかと考えて、何冊かハウツー本を読んだり、女子力アップに必要とされることを実践したりしましたが状況は変わらず、男性にモテないというコンプレックスとモテたいという願望が、次第に降り積もっていくようでした。

インターネットでマッチングサービスのサイトを見かけることもありましたが、ゼロから人間関係を作っていくのが億劫でしたし、どんな人が登録しているのかわからないので怖いし、使ったことのある人が周りにいなかったので、自分が使うことはないと思っていました。

でもこんなに彼氏ができないんだったら、試してみてもいいかもしれない、と思って登録することにしました。



84

大人しそうな年下の男性を選び

マッチングサービスはイククルというサイトに決めて、登録をしました。アピールしたのは真面目な交際ですが、こちらからあまり条件をつけると申し込んでくれる人が少なくなりそうだったので、緩くしたつもりです。まず、私より身長が高い人ということでした。

それと、これまで付き合ったことのある年上の人や同い年の人は、振り回されたり頑固でわがままだったりしたので、年下の人を希望して、お姉さんになりたいです、と書いちゃいました。たくさん届いた申し込みの中から、イケメンと言われることが多いけど自分ではそう思わないです、という、大人しそうな年下の男性を選び、会うことにしました。会うと確かにイケメンでときめきました。

一か八かでしたが大人のホテルへ誘って関係しました。そしてデートのたびにねだってくるので、お金を渡しています。どちらかというと男性専用に思われがちですが、これは女性からの援助交際、と思っています。でも渡すだけで済ませません。先行投資して男を育てる援助交際だから将来倍返しすること、と彼には言っています。

関連する記事一覧