コミュニティサイトの太郎と花子の食べ歩き倶楽部で得た楽しくて苦い体験

23 views

cocktail-554682_640

投稿者の名前から

出会った後に行った場所代々木

今までに出会ったことのある人数30

恋人の有無いませんでした

ファッション/系統清楚系

相手のファッション/系統普段着・インナー

サークル的なコミュニティサイト

今日もこんなに遅くなってしまった、と思いながら退社して、最寄の駅に向かいます。一体いつからこんなに面白くない日々を過ごしているんだろう、と考えていました。どちらかというと今は地味で堅実な暮らしをしていますが、若い頃は何かに夢中になることが多くて、楽しく日々を送っていたような気がします。

トレンドと言われる情報を雑誌で知り、ファッションに取り入れ、イベントに毎日のように出かけていたのです。冷静に振り返ってみればそれは浪費ではありましたが、あの頃のような情熱を持って取り組めるようなものがなくなり、充実した時間を持てなくなっている自分の現状に、苛立たしさと諦めとが混ざったような気持ちが渦巻いていました。

インターネットで出会い系サイトを見かけたときも、彼氏ができることにそれほど興味が持てませんでした。ある時、調べ物をしていて検索から「太郎と花子」というサイトが出てきました。その内容は、単なる出会い系サイトでなく、サークル的なコミュニティサイトです。登録することにしました。



tesaaa

女性リーダーさんのお家に泊めてもらうことに

トップページには倶楽部メニュー・一覧があり、美男美女倶楽部からボランティア倶楽部まで、24の倶楽部へとリンクしています。血液型別だったり、温泉や食べ歩きやおケイコやダイエットや社長さんやパソコンなどがあります。どの倶楽部に参加しようかと、久しぶりに何だかわくわくしました。

会員登録をして食べ歩き倶楽部のメンバーになったので、まずは自己紹介をしてみました。メンバーの人たちから暖かく迎え入れてもらって、安心して活動に参加することができました。合コンもよく開いていると言うことで参加してみましたが、アットホームな雰囲気で、とても楽しいひと時を過ごすことができました。

三回目の合コンで終電に間に合わず、女性リーダーさんのお家に泊めてもらうことになりました。寝ていたのですが、ふと目を覚ますと、リーダーさんとご主人のエッチの最中で目が合ってしまいました。ご主人がイケメンで好きな芸能人に似ていたのでじっと見ていたら、三人で、と言われ、言うとおりにしてしまいました。始発電車が出る前に逃げるようにお家を出て、倶楽部の登録を抹消しました。

関連する記事一覧