FirstMailでスポンサーになってくれる人が現れたけど…(銀座)

32 views

cfc4d425879b24ddd8c14945e1294e06_m

マッチングサービスFirstMail

投稿者の名前ほのか

出会った後に行った場所銀座

今までに出会ったことのある人数20

恋人の有無いませんでした

ファッション/系統清楚系

相手のファッション/系統ビジネス・スーツ

生活のサポートをしてくれる人を探して

 

生活が安定している今だから、こっそりと話せることがあります。

とても、大きな声で話せる内容ではありません。

大学を卒業して、ある会社に就職したのですが、
あまりの薄給で苦しい生活を強いられていました。

卒業前の就職活動で働ける場所がなかなか見つからなくて、
ほかに採用されなかったので仕方なく入社したのです。

これなら、それまでお世話になっていたアルバイト先に
就職したほうがよっぽど良かったです。

給料の低さとベースアップしない状態に愕然でした。

すでに大学生の頃から一人暮らししていました。

実家は遠く離れていて、親に融通してもらえましたが焼け石に水です。

節約に常に気を配り、無駄なことは一切しないことを心がけていました。

それでも生活のための出費は避けられず
毎月、月末はどうしようか、と悩まされました。

誰かサポートしてくれる人が現れてくれないか、と願っていたのです。

ある日、ふとしたことでインターネットで出会い系サイトを見つけました。

もしかして、これがいいかもしれない、と思いました。

 

サポートしてくれたけれど、まさかの…

 

出会い系サイトは探してみるとほかにもいっぱいあって、
どこにすればいいのか、目移りして右往左往しました。

早く簡単に確実に彼氏ができそうな気がして
FirstMailというサイトで登録を済ませました。

 

漫然と彼氏募集しただけでは
事情がわかったら逃げられそうだったので、ここは正直に、

スポンサーになる気持ちを持っている方

と条件に書いておきました。

 

翌日からいくつもメールが届くようになりました。

その中から裕福で理解のありそうな人を選び、会うことにしました。

待ち合わせ場所に現れた人は、小太りでロレックスの腕時計をしていました。

ソフトドリンクを飲んで生活のことを話した後、
大人のホテルへと誘われて関係しました。

 

先のことを尋ねようとしたら、とりあえず、
と言いながら財布から出した三万円を手渡されました。

 

それから不定期に会っていましたが四回目を過ぎた頃に、
股間がかゆくなって仕事中でも我慢できないくらいのかゆみに悩まされました。

微熱もあって、まさかと思い病院に行ってみると性病にかかっていました。

早期発見できて治療法も確立していたので幸い大病には至りませんでしたが、
稼ぎは水の泡となり、彼とも別れました。

関連する記事一覧