Omiaiマナー編〜マッチング後の断り方〜

216 views

49912b9e114d893e194d7be513639852_m

Omiaiでお目当ての人とマッチングしたらとても嬉しいですよね。
その後のメールやデートなどを想像して胸が高鳴る経験をした人も多いのではないでしょうか。
そこで運命の相手を見つけて幸せレポートを載せている人も見かけます。
しかし、残念ながらマッチング後のメールのやり取りで「あれ?何か違うな・・・」と感じることもあります。
そんな時、あなたはどんな風に断っていますか?

マッチング=両想い?

Omiaiで複数人とマッチングしたことのある人であれば経験者の余裕があるので大丈夫でしょう。
しかし、「初めてマッチングした人」「あまりマッチングしたことがない人」「勘違いしやすい人」などはマッチングしただけで、まるで両想いになったかのような錯覚に陥りやすいのです。
このような場合、下手な断り方をすると相手が「裏切られた」と勘違いする可能性もあります。
あくまで誠意を持って接することが重要です。

ファーストメールが肝心!

m030487
Omiaiではマッチング後にメールのやり取りを何度でも追加料金なしでできます。
このメールで不用意に相手の想像力を掻き立てることは避けた方が良いかもしれませんね。
例えば・・・
「はじめまして。これからよろしくお願いします。お互い相性が良くて長続きできたらいいですね。」
みたいな一言を初めに添え、相手に対して「スタートラインに立っただけですよ」ということをしっかりアピールすることは有効です。
場合によっては・・・
「もし気持ちが乗らなかったら遠慮なく言ってくださいね。」
みたいな一言があるとお互いに逃げ道が確保されるので良いのではないでしょうか。
Omiaiでは真剣な出会いを求めている人が多いので、ファーストメールで「運命だね」的な軽い言葉をかけることはタブーとされています。
ならば、変に深くなる前に釘を刺しておくのがベストです。

少しでも異変を感じたら先に進まない

Omiaiは出会いの提供には積極的だし、Omiai内でのやり取りは責任をもって対処してくれますが、そこでFacebookのID交換をしたり、電話番号を交換したりしてOmiaiから離れてしまうとそれはもう自己責任となります。
こういったトラブルを防ぐためにも、ちょっとでもおかしいなと感じたら納得できるまでOmiaiから離れないことです。
進展がないことで相手は嫌気を差すことでしょうが、そんな時こそ本性が表れるとも言えます。
実際女性にとっておかしな男性につかまることは恐怖でしかないでしょう。
きっと出会いはすぐに訪れます。
心配せずに男性をどんどん切っていきましょう。
少し冷酷なようにも感じますが、これこそが正しいOmiaiの使い方なんですから。

断りメールの作り方

実際に断りたくなったらどのようなメールを作れば良いのでしょうか。
断りメールは大きく分けて2つのタイプがあります。

『TypeA:正直メール』
これは断りたい気持ちを正直に伝えるメールです。
例えば・・・
「本当に申し訳ないのですが、これ以上連絡を取ることが難しいので、これで終わりにしてください。勝手ですみません。もし返事をくれてもこちらからは連絡しないので・・・お互い良い相手に出会えるようにがんばりましょう。」
こんな感じでしょうか。
いくらストレートと言っても相手が逆上するような表現は避けましょう。
多くの場合「何がいけなかった?」と質問されるでしょうが、絶対に答えてはいけません。
下手に答えると「直すから」となり、結果メールのやり取りを続けていくことになります。

『TypeB:嘘メール』
これは相手に諦めさせるために作るメールです。
例えば・・・
「実は他にもマッチングした人がいて、近々退会すると思うので、これで終わりにしてください。」
こんな感じでしょうか。
相手がいることをアピールして諦めさせようとするものです。
相手ができたこと、退会しようとしていること、この2つを突きつけられると諦めるしかありません。

個人的には『TypeA』をお勧めします。
Omiai利用経験者としては、『TypeA』を送信してトラブルになったことはありませんし、もらう断りメールもすべて『TypeA』でしたよ。

ピュアアイ

ピュアアイとその他の出会い系サイトの比較をチェックする

関連する記事一覧