Omiaiで知り合った紳士的な男性と最高の時間…(札幌)

57 views

675d06c95c62dad66ea46a66cd5173dd_m

マッチングサービスomiai

投稿者の名前さな

出会った後に行った場所札幌(大通り公園近くのスタバ前)

今までに出会ったことのある人数10

恋人の有無いません。

ファッション/系統エレガント系

相手のファッション/系統エリートスーツ系

離婚の流れから出会い系に。

 

婚した三十代後半のアラフォー独身女の気楽さからか、
facebookアカウントを利用した婚活アプリOmiaiで新しい男性との
出会いを楽しんでいます。

 

facebookアカウントを使用すれば、
相手のプロフィールをある程度まで詳しく知ることができるので、

他の出会い系サイトのように面倒な自己紹介もする必要がないので、

あまり警戒することなく素敵な男性との出会いを
求めることができると思っているからです。

 

その日も、壁掛けテレビに映る映像を目の端に入れながら、
タブレット上でOmiaiにアクセスしていました。

自分の好みに合った数人の男性に「いいね!」を押して
テレビ画面に映る芸能人をおんやり眺めていると、

私のアカウントに「いいね!」が
付いたことを知らせるメールが届きました。

 

早速、メールを開いてみると、
先程「いいね!」合図を送った男性の一人からのものでした。

 

facebook上で予めプロフィールは分かっていたので、
安心してメッセージ交換に応じました。

 

四十代後半のバツイチで、
大手エンジニア会社で部長職に就いている人でした。


二週間のメッセージ交換後

彼の知的さに魅力を感じ始めていた私が彼からの誘いに
OKを出したことは今考えれば必然だったと言えるかもしれません。

 

紳士的な彼に気分は最高

 

秋の夜風が快く頬を撫でています。

街の灯りがうすい靄に包まれて、
大人の時間の演出に一役買っているようでした。

 

白と青のストライプシャツに濃紺のニットジャケットを羽織り、
ブルージーンズを身に付けて、
駅前通りに面したスタバ前で彼の到着を待ちました。

 

地下鉄O通り公園駅の上り階段から現れた彼は、
予想以上の紳士でした。

 

茶系で統一された仕立ての良さそうなスーツをさり気なく着こなし、
黒のウィングチップシューズを自然に履きこなしています。

黒ぶち眼鏡がお洒落です。

週末のせいか、道行く人の表情には余裕が感じられました。

 

「どこへ行きましょうか?」 「どこでもいいですよ」

 

もう、気分は最高でした。

 

思いきって離婚した自分を褒めてやりたい一瞬でした。

何週間もOmiai上でメッセージを交換していたせいか、
初めて会ったようなきがしませんでした。

 

自然と彼の腕にもたれかかって、
目一杯甘えながら駅前通りを闊歩しました。

 

北の都で一番の高級寿司店で鱈腹お鮨を頂いた後
お洒落なバーで数杯のカクテルを喉に流し込み、
ほどよく体が火照ってきたところで
歩いて五分のラブホテルへ移動しました。

 

部屋に入っても、あくまで紳士的な彼の態度に感心しながら、

何度も法悦の世界を味わっていました。

ピュアアイ

ピュアアイとその他の出会い系サイトの比較をチェックする

関連する記事一覧