アラフォーでもイククルで素敵な出会いが♪(北海道 札幌)

213 views

tesaaa

マッチングサービスイクヨクルヨ

投稿者の名前ゆうこ

出会った後に行った場所札幌駅隣接のNホテル

今までに出会ったことのある人数12

恋人の有無彼氏はいません。

ファッション/系統お姉系

相手のファッション/系統ちょい悪オヤジ風

アラフォーの私にもこんな時があるんです。

 

約十数年の結婚生活に終止符を打ち、故郷・札幌に戻ってきて以来、
フリーになった気楽さからなのか、
アラフォー独身女の体に火が付いてしまったからなのか、

時間があればいつでも男漁りをする日々が続いています。

 

その日も、高校時代の友人に教えて貰った『イククル』という
出会い系サイトに興味本位からアクセスしていました。

 

上は五十代前半から下は二十前半まで、実に様々な男性達が
自分の趣味や特技に関する情報を、
プロフィール欄に惜しげもなく晒しています。

 

好奇心旺盛な私にとって、この顔写真の付いたプロフィール欄を眺めているだけで少なからず幸福な気持ちを味わえるのですが、生身の体を求めるもう一人の自分が更なるアプローチを要求してくるのです。

 

その要求に従って、
目ぼしき男性にアプローチメッセージを送信してみました。

 

数分もしないうちに、男性から返信が届きました。

顔写真やプロフィールとは違って、その内容は真面目なものでした。

 

好感触を得た私は、数週間のメッセージ交換後、
いよいよこの男性と会うことになったのです。

 

 いつでも素敵な出会いをくれる出会い系

 

その日は、焼けつくような真夏の陽が
雲間を縫って落ちかかってきていました。

黒のワンピースが気のせいか重く感じるような暑さが道路の
アスファルトに反射して、頭の芯に突き刺さってくるようでした。

 

午後五時、札幌駅隣接のNホテル入口で待ち合わせました。

 

一足先に到着した私が手持ち無沙汰に道行く人を眺めていると、
手を上げながら通りを横切り、
私の方に向かってくる長身の男性の姿が目に飛び込んできました。

 

白髪交じりの黒髪をオールバックにしています。

 

白のVネックTシャツにブルージーンズを穿いたファッションに、黒のサングラスが似合っています。

 

「待たれましたか?」 渋く太い声が、私の耳の中で反響します。

俯いたままの私の眼に、磨き上げられた黒のブーツが飛び込んできます。

 

「暑いから、中に入りましょうか?」

そう言いながらロビーを横切り、ガラス張りのラウンジに向って歩いていく彼の背中に汗が滲んでいました。

 

お洒落な椅子に腰を下ろした姿もキマっています。

興味本位で始めた出会い系サイトは、いつでも新しい、素敵な出会いをもたらしてくれるのです。

関連する記事一覧