ASOBOで仲間ができたけど…強すぎる刺激体験が待っていた、、

81 views

出会い系で幸せに

マッチングサービスASOBO

投稿者の名前ゆり

出会った後に行った場所男性の家

今までに出会ったことのある人数10

恋人の有無いませんでした

ファッション/系統清楚系

相手のファッション/系統ジャケット・私服

日常生活が退屈で出会い系サイトASOBOに登録してみました。 

 

若い頃は流行には敏感に反応するほうで、何か流行っていると聞けば、
話題の場所に行ってみたり、イベントに参加してみたり、
トレンドなファッションを身につけてみたりしていました。

 

年をとって落ち着いてくると、一通りのことはやり終えた気がして、
若い頃ほどにはイベントにもファッションにも、
さほど心を動かされることがなくなりました。

興味も薄くなってきていたのです。

日常生活がとても退屈で、時間を持て余していました。

 

そんな時に、インターネットでマッチングサービスのバナー広告を見かけました。

そんなに簡単に彼氏ができるんだったら苦労しない、と思いながらクリックして中身を読んでいるうちに興味が湧いてきました。

 

これで簡単に彼氏ができれば、この退屈な生活も少しはいい方向に
変わるかもしれないな、と思って、
同様のマッチングサービスの会社をいくつか覗いてみました。

 

その中から、なんとなく楽しそうな雰囲気だったので、
仲間作りができそうなASOBOというサイトに登録してみました。

 

出会ったのはよかったのですが…すごい展開に。 

 

もしも彼氏ができなくても遊び仲間ならできるかも

くらいの気持ちでの登録でしたが、二、三日のうちに遊び仲間に限らず、
大勢の彼女募集の人たちからも声をかけられたり、交際を申し込まれたりして、
びっくりしました。

 

どちらかというと、仲間作りはできても交際の申し込みはほんのわずかしか
ないだろう、と思っていたのです。

こうした出来事だけでも、退屈な日常生活が大きく変わったような気がしました。

 

しばらくは彼女募集の人たちには態度を保留したまま、
遊び仲間の人たちと会って、楽しい日々を過ごしていました。

 

遊び仲間のメンバーの一人に、少し気になる人がいました。

 

リーダーではないのですがグループの中では人気者で、
あれこれとアイデアを出したりしてサークルを盛り上げていました。

 

ある日、終電がなくなって、
その人の家にもう一人の女性と一緒に泊まることになりました。

 

話しながらいつの間にか寝ていたのですが、寝苦しくなって目を覚ますと、
その人ともう一人の女性がエッチしていました。

目が合ってしまい、誘われるままに服を脱いで参加してしまいました。

 

正気に戻った翌日、あまりに気まずくて逃げるように帰宅して、
それっきり行かなくなりました。

関連する記事一覧