恋愛体質JDがハッピーメールを使って同い年の大学生に出会った話(赤羽)

100 views

9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_m

マッチングサービスハッピーメール

投稿者の名前Yumi

出会った後に行った場所赤羽のカラオケ

今までに出会ったことのある人数10

恋人の有無彼氏が居なかった

ファッション/系統清楚系

相手のファッション/系統アメカジ系

なぜ出会い系・マッチングサービスを始めたのですか?

当時私は彼氏に振られたばかりで、とても寂しい想いをしていました。

今まで自分から男性を振ったことばかりで、
そうする前には別の次の男性を既に作っていることが多かったのです。

なので、恋人がいない期間というものがありませんでした。

しかしこの時は相手から別れを切り出されたので、
次の男性というものが珍しく私には居なかったのです。

恋人がいないというのは想像したよりも寂しいもので、自分の周りを見てカップルがいたらそれだけで胸が苦しくなってしまうほどでした。

そのような寂しさを紛らわすために、出会い系サイトを始めることにしました。

適当に出会い系サイトで検索してみてハッピーメールが一番最初にヒットしたので、最大手なら安心だろうという感じで登録をしてみました。

こういった出会い系サイトなら、自分と同じように異性との出会いを求めている男性が多いので次の恋人を見つけるのも早いだろうと思ったのです。

理想の男性像は漠然としたものでしたが、住みがある程度近くて、趣味と性格が少し合っていれば年齢は問いませんでした。

なぜ、関係を持ってしてしまったのか。

私がその人に出会うことにしたのは、
彼はメールの段階から私の話をよく聴いてくれていたからでした。

彼は私と同い年で、国立の大学の法学部に通っている学生でした。

話していると頭の良さがにじみ出てくるような感じがして、
一緒にいてとても心地が良かったです。

顔は普通でしたが悪い感じはしませんでしたし、服装も清潔感がありました。

住んでいるところは同じ埼玉県内だったので、
会おうと思えばいつでも会いに行くことができました。

趣味は残念ながらあまり一致しなかったのですが、
読書の傾向が同じということでその辺りの話がたくさんできるのは嬉しかったです。

このようにいいところばかりなので、出会わない手はないと思いました。

彼は友達から初めて、いずれは恋人の関係に発展させることを望んでいるようでした。

初めて出会ったのは、お互いに通学路の中間となっている赤羽駅でした。

近くにカラオケがあったので、
手軽に二人きりになれるということで最初にそこに行きました。

そこでは取り敢えず二人で自己紹介をして、その後は軽くお互いに身体を触って過ごしました。

彼と出会ったのはサイトでメールを交換してから2週間後だったのですが、
それでもしっかりと出会えて嬉しかったです。

ハッピーメール

ハッピーメールやその他の人気の出会い系アプリやマッチングサービスの比較はこちらでご覧頂けます。

関連する記事一覧