京都のjazz喫茶で…ミニスカートが似合う女の子は逃さない!

477 views

tesaaa

地域京都府JAZZ喫茶

性別男性

年齢32 歳

ナンパ時のファッショントラディショナル

ナンパにかかった費用20000円

Hした場所ホテル

声をかけた人数1人

ターゲットみさ

年齢25 歳

系統お嬢様系

あなたがこれまでナンパした中で女性に声を掛けた/掛けなかった、判断基準はどこにありますか

 

見た目が好みの女性であることは第一条件であるが、
あまりに上玉すぎる女性はこちら気がひけて声が掛けられない場合が多い。

やはりある程度中庸、庶民的という面が必要なのでしょう。

そういう意味ではレベルが中の上くらいの女性が最適と言えるかもしれません。

私は一人で行動しているので、相手も一人の女性を対象にしています。

 

通常の街でのナンパ以外でも観光地(京都なので)の
観光客をターゲットにして腕を磨きました。

数をこなすと、少し追跡しながら女性の立ち居振る舞いを観察していると、うまくいくかどうか、ある程度は見極めがつくようになったと思っています。

 

従って、成功率と言う面からいうと、とにかく、見た目は少し犠牲にしても、
これはいけそうという娘をターゲットにしてしまい、
あとで後悔したりすることもままありました。

やはり志は高く持つべきだと思います。

そういう意味ではハードルを高くして、
失敗を恐れずに取り組むことが男としては、大切なのだと痛感しました。

 

あなた好みのタイプである事を前提として、ナンパしたシチュエーション、しなかったシチュエーション

 

【したシチュエーション】

ジーンズの下半身がセクシーな女の子。

ひとりで少し暇そうに歩いていたら迷わず声をかけます。

顔までは敢えて問いません。

また超ミニスカートの似合う女の子も逃したくない。

ハードルが高くても心に鞭打って声を掛けます。

やはり成功率が低くても、収穫した時の味が違う。

観光地では1日網をはっていれば、
かなりのレベルのターゲットが何人かは必ず現れます。

一緒にお茶するところまでいって、
そこで終わってしまうことも多いけれど、修行と思って励むことが大事。

 

【ナンパしなかったシチュエーション】

顔も身体も90点以上のハイレベルのターゲットを追跡。

 

そういう対象だと、はじめの頃は追いかけても声を掛ける勇気がついに出てこない、
ということもよくありました。

したくてもできない、ということです。

 

まあ、こちらの精神的コンディションもあるのでしょう。

でも、頑張って修行と思って至近距離に近づき真後ろにピタリとつきます。

そのまま並走するように何十メートルも歩いてついに声を掛けられず。

女性から不審に思われたこともありました

関連する記事一覧