東京のカフェで本を読んでいる子をナンパ。おとなしめがベスト!

717 views

tesaaa

地域東京都カフェ

性別男性

年齢23歳 歳

ナンパ時のファッションカジュアル

ナンパにかかった費用4000円

Hした場所してない

声をかけた人数1人

系統おっとり

あなたがこれまでナンパした中で女性に声を掛けた/掛けなかった、判断基準はどこにありますか

まず、1人でいるということ。これはとても大切です。

ナンパをするにおいて最も大切なことは、考える時間を与えないことです。

食事でもカラオケでも、とりあえず2人きりの状態、シチュエーションに持っていければ何とかなるので とにかく1人の人を狙います。

2人以上いると、もう片方の人に話を遮られたりして非常に面倒です。

次に女の子のタイプとしては、おとなしめの感じのタイプの子を狙います。

理由としては、ギャル系の女の子や、しっかりしていてキリッとした感じの女の子は 自分の軸を持ったタイプの子が多いように思います。

おとなしめの女の子に関しては、

いろいろなことを自分で知ったというよりも 親であったり、
先生などから教えられたことしか知らないパターンが多く、
自分から学んだというのは少ないように思います。

そのため逆に好奇心が強い場合が多く、普段はそれを抑え込んで、
型にはまった生活をしているのです。

 

そこで未知の世界へ連れていく一言をかければ、
ついてきてくれる可能性は高いです。

 

 あなた好みのタイプである事を前提として、ナンパしたシチュエーション、しなかったシチュエーション

 

【ナンパしたシチュエーション】

私の中でおとなしめの女の子というのは、本を読んでいるイメージが強いです。

これは勝手な固定概念でもありますが、経験としてその確率は高いように思います。

ナンパしたシチュエーションとしては、
私はカフェで本を読んでいる女の子に声をかけました。

基本的に都内のカフェ、特にスターバックスなどは平日でも基本的に満席のため、相席のお願いはしやすいです。

相席をお願いすると、
基本的に本を読んでいるおとなしい感じの女の子はOKしてくれます。

そこで座ることができたら、あとは時期を見計らって、
「何を読んでるの?」と一声かけて会話が始まります。

基本的にそういった子は、話しかけると律儀に答えてくれる可能性が高いので、会話は成り立ちやすいです。

 

【ナンパしなかったシチュエーション】

 

 ナンパしなかったシチュエーションとしては、
やはり屋外で歩いている人などには声を掛けづらいですね。

立ち止まってもらってもらうのに1つ、次に話し合ってくれるのに1つと、乗り越えなければいけない関門が多いためです。

できるだけ、カフェや公園のベンチなど、
すぐに2人で話せる状態の人でないと、話しかけません。

関連する記事一覧