大人の財力と経験を活かし相手を楽しませることで更に距離が縮まる!

183 views

stock-photo-classic-bar-counter-with-bottles-in-blurred-background-134857220

地域東京都スポーツバー

性別男性

年齢32 歳

ナンパ時のファッションカジュアル

ナンパにかかった費用15,000円

Hした場所私の自宅

声をかけた人数

ターゲットみさき

年齢20 歳

系統普通の大学生

 

あなたがこれまでナンパした中で女性に声を掛けた/掛けなかった、判断基準はどこにありますか

 

自身、これまでにナンパをしてきたことは結構あり成功率もそこそこ高いと思います。

といっても私は街中でナンパをすることは一切なく、
不特定多数が出入りするようなバーが中心となります。

見た目的な判断基準というのは即ち自分の好みであるかどうか、
という話になってくるのですが、

私はギャル系やお水系などのような、
世間一般でいう軽そうな見た目の女の子には一切興味がありません。

狙いどころは清楚とまではいかないにしろ、
ある程度常識のありそうな普通の子を選定して声をかけにいきます。

当然といえば当然なんですが、男連れはNG

自分が一人で行動することが多いので、
なるべく相手も一人という状況が望ましいです。

たまに相手もこっちも複数のときはありますが、
結局少し仲良くなっただけでセックスにまで持ち込むことなく 終電でバイバイということが多かったので、あまりグループ相手にも行くことはありません。

最後に声をかけるかけないの判断基準として
自分が大事にしているのがステータス感です。

私としては自分よりも確実に年下であること、
特に大学生でまだ10代の子なんかが理想なので

そういう若い子に対しては積極的に声をかけに行くことが多いです。

あなた好みのタイプである事を前提として、
ナンパしたシチュエーション、しなかったシチュエーション

 

【ナンパしたシチュエーション】

近所でいつも行くバー

週に何度も通っているので客の顔も大体把握している。

 

自分の席はいつもカウンターの端っこで、仲のいいスタッフとしばし歓談。

そのスタッフから紹介されたのが新人スタッフのM。

まだ大学一年生で上京して日も浅いというレアキャラ。

最初は3人で軽く話をしていたけれど、
仲のいいスタッフがほかの接客に出て行ったため新人と二人に。

色々相手の情報を聞いていると、自分と価値観も近しいことが判明。

さすがに初めましてで誘いに出すのは失敗の確率も高くなるので、
何度かその子と話し距離を縮めることに。

何回目かの接客でいよいよ声をかける。

もはやナンパでもなく純粋プラトニックな感じだが、
相手もそれに応じてくれて遊びにいくことに。

大人の財力と経験を活かし相手を楽しませることで更に距離が縮まる。

 

当然そうなったらこっちのもんで、

その夜は完全にいただきました。

 

【ナンパしなかったシチュエーション】

 ナンパしたときと同じよくいくお店。

オープンから飲み始めたにもかかわらず気づいたらそろそろラストの時間。

ラストオーダーが迫ってくるころに、店の扉を開く音がする。

空席が目立っていたのだが、ラスト近くなので自分もいつもの席ではなく
スタッフと一番会話がしやすい席に移動。

店に入ってきた女の子は自分の隣の席に促される。

 

少し酔っているようでいきなり強めの策を頼んでいると、
向こうから話しかけてくる。

どうやら一回この店であったことあるみたいだ。

 

その時は意識していなかったけれどよくよく見てみると結構かわいい。

いっきにテンションの上がる俺。

 

話の盛り上がってくきたころでラストオーダーの声。

その後の展開としては、他にまだやってる店に行ってからホテルに入る算段だったのだが、 思いのよらない事態が発生。

 

員の彼女だった…

関連する記事一覧