和歌山で合コン。どんでん返しのどんでん返し!

33 views

65

投稿者の名前るな

年齢26 歳

合コンした場所和歌山よたろう

恋人の有無いない

ファッション/系統お姉系

当日の合コンの流れを詳しく教えてください

私は、世話好きなカップルの女の人の友達の1人でした。

私が、大学時代からお付き合いをしていた彼と別れて、いささか落ち込んでいる日々を過ごしていた時に

その友達が、私を元気づけるために、彼氏、彼女のいない人たちの合コンの開催を計画してくれました。

そういう気分でもなかったのですが、彼女の気持ちがうれしくて参加を決めました。

世話好きカップルは、当然世話人役となり、合コンに集まった人たちの年齢層は23歳から28歳ぐらいの男女でした。

男の人は世話好きカップルの男の人の大学時代の友人、または同僚でしたが、お互いに殆どが初対面ということもあったのか、

最初はやたらと静かな会話の少ない、飲み食いだけしているような雰囲気の合コンで

私は少し居心地が悪くなり始めていました。

しかし、みんなお酒が入ると、やたらとしゃべり始めトイレへたった隙に話をしてみたい人の横にちゃっかりと

座っていたりで、場が和んでいきました。

私は、少しお話をしたいと思う方がいたのですが、遠くの斜め前の席に座っていたので、全然話ができず

前に座っていた男の人や、隣の席の人たちと会話をしていました。

なぜその合コンが一番楽しいと思ったのか?その後どうなったのか?

その後、しばらくしてから、

私がお話をしてみたいと思っている彼の視線を感じるようになり始めました。

気のせいかなと思いながらも、気になるのでチラチラと彼の方をみていると、

やはり、彼と時々目があいます。

今まで、数回合コンに参加したことがありましたが、

私が話してみたいと思っている方は、だいたいが誰かといい雰囲気になっていたりで

うまくいったことはなく、今回も期待はしていなかったのですが、

お酒もかなり回り1時間がたった頃に、その彼が

「○○さん、こっちへ来ない?」と誘ってくれたのです。

彼の席の隣には男の人が座っていたのすが、その人が、

「じゃ、僕と席を代わろう。」とすぐに言ってくれて、席を代わりました。

その後は、夢心地もいいところで、イケメンで優しそうな彼と学生時代の話、仕事の話、

趣味、休日の過ごし方などに話題が尽きることがありませんでした。

話し口調がとても優しく、私はこの人ならお付き合いをしてみたいと思ったほどです。

そしてしばらくしてから、その彼が言いました。

「○○君、君の席の隣の女の子と話がしたかったんだけれど、なかなか席が隣に

なれなくて、残念がっていたから君をこっちへ呼んだんだ。」

「エッ、じゃ私のことを気にいって呼んだわけじゃなかったんだ。」と心で泣いていたら、

「でも、君と話ができてすごくよかったよ。見た感じとは全然ちがうんだね。

良かったら、また別の日に時間があれば、どこかでお茶でもどうかな?」

やった! と思いました。

それからも、とりとめのない楽しい会話が続き

今もその彼とは、お付き合いをしています。

関連する記事一覧