雪祭りの時に出会ったイケメン旅行者 北海道 札幌

690 views

tire-428516_640

投稿者の名前らんな

年齢20 歳

ナンパされた場所北海道札幌市大通公園

恋人の有無なし

ファッション/系統清楚系

ナンパされた男性の系統ビジネスマン系

なぜ声を掛けられて、ついて行ってしまったのか?

私が、学生時代の頃の話です。

札幌に住んでいた私は、雪祭りの頃に大通公園のイルミネーションを横目に見ながら札幌駅へと向かって歩いていました。

その時、「時計台はどっちに行けば良いですか?」と30代くらいの男性に声を掛けられました。

その男性は、地方から来た観光客らしく薄手のコートに滑りやすそうな靴を履いていて頼りなさげでしたが、凄くイケメンで私のタイプでした。

少し遠回りになるけど、「通り道なので、一緒に行きましょう」と道案内してあげることにしました。その男性は、一人で有休を使って東京から遊びに来たとのことでした。

そして、5分程で時計台に着いて、「じゃあ、私はこれで」と札幌駅に向かおうとした私にその男性は「良かったらお礼に、一緒にカニを食べませんか?」と言ってきました。「お礼をされる程のことはしてませんので」と断りつつも、このイケメン男性と美味しいカニを食べたいという欲求は抑えることができませんでした。「一人で食べても美味しくないので、良かったら一緒にカニ、食べましょう」と言う男性に「じゃあ、お言葉に甘えて」と返事をして付いて行った私がいました。

なぜ、そのナンパが一番楽しかったのか。

男性と札幌駅近くにあるカニ料理で有名な店へ行き、カニのフルコースを食べながら、その男性が31歳の独身だということ、東京ではIT関係の仕事をしているということそして、吉祥寺の高層マンションに住んでいるといった絵に描いたようなモテ男そのものだということを聞いてすっかりその男性に対して私は、のぼせ上ってしまいました。

カニをお腹一杯食べた後、男性が「一杯だけ飲みに付き合って欲しい」と言うので、カニをご馳走になっている手前、断り切れなくて、グランドホテルのバーへと飲みに行きました。

「札幌に住んでるけど、ここに来るの初めてです」と大人の雰囲気のするバーに舞い上がっている私に「僕、ここのホテルに泊まってるんだけど、後で部屋に来ない?」と耳元で囁く彼の低い声にドキドキしつつも、付き合っている彼氏もいなかった私は黙って頷いたのでした。

この大人の男性とのワンナイトラブは、私にとって今でもウットリとする素敵な思い出です。

関連する記事一覧