20歳の頃に心斎橋で出会った、九州出身の2人組みのホストとの話

147 views

4

投稿者の名前みか

年齢20 歳

ナンパされた場所大阪心斎橋

恋人の有無居ませんでした

ファッション/系統ギャル系

ナンパされた男性の系統ギャル男系

なぜ声を掛けられて、ついて行ってしまったのか?

その日私達は女の子2人で心斎橋に飲みに来ていました。

終電を逃した私達は、特に予定もなく心斎橋の商店街をぶらぶらと歩いていました。

何かおもしろい事はないかなあ、と話していた時2人組の男性が声をかけてきました。

服装はスーツではなかったのですが、どこからどうみてもホストでした。

話をしていくうちに、やはりホストだという事がわかり、お店に来ないか?との事でした。

私達は手持ちのお金もなかったので断ったのですが、初回であれば無料で飲めると言って2人組みは引きません。

しかしそれでも誘いに乗らない私達に、ホスト達は一緒にカラオケに行こうと提案してきました。

でもまだお店に戻らないといけないので、自分達の営業が終わる時間まで待っていてほしいと言われたので私達は数時間待つ事にしました。

今までホストには関わった事がなかったのですが、見た目がタイプだったという事もあり私達はカラオケぐらいならついて行っても大丈夫だろうと思い彼らを待つ事にしたのです。

なぜ、そのナンパが一番楽しかったのか。

そして朝方やっと彼らは営業を終え、私達の所に現れました。

2人とも酔いがまわっており、かなりのテンションの高さでした。

2人とも背が高くイケメンだったのですが、九州地方出身の彼らはかなりこてこての九州弁を話していました。

そのギャップが私達的にかなりつぼにはまり、2人でキャーキャー言って盛り上がりました。

そしてカラオケに入り、適当に曲を入れながら楽しくお酒を飲みました。

普段大阪弁を聞きなれている私達は、2人のしゃべる九州訛りの言葉が新鮮で可愛く聞こえました。

今までその様なタイプがまわりにいなかったので、とても楽しく彼らと過ごす事が出来たのです。

その日はそれぞれ番号を交換して別れる事にしました。

そして営業メールが来るようになり、あまりの彼らの可愛さに負けてしまい何度かその後お店に足を運んでみました。

そしてそれなりにお金は使ってしまったのですが、楽しい時間を過ごす事ができたので今では良い思い出になっています。

関連する記事一覧