楽器を扱うように優しく抱かれた夜

461 views

railway-226460_640

投稿者の名前よしこ

年齢40 歳

ナンパされた場所宮城県街中のビジネスホテル

恋人の有無別居中

ファッション/系統シンプル

なぜワンナイトラブに発展してしまったのか?

私は元旦那と離婚する事を決め、別居中でした。

元旦那の借金癖や仕事が続かない事が理由でしたので、私の気持ちは「離婚」の方向で揺るぎませんでした。

しかし元旦那の方は「仕事を見つけるから、何とか離婚は踏みとどまってくれ」と懇願しましたが、対して変化もなく2年近く経って元旦那の親族も呆れ、元に戻る事は諦めていました。

私はもうタイミングを見て判子を押すだけだと思っていて、完全に独身気分でした。

私はその頃チャットにはまっていました。
初めて付き合った元旦那とそのまま結婚してしまった私は、楽しい恋愛の経験が少なく、その点も後悔していました。

まして、元旦那に預金のほとんどを使われ、子供と二人で引っ越し、金銭的余裕はあまりありませんでした。

ネットでの「恋愛ごっこ」を楽しんでいたのです。
短時間の他愛いもない世間話をするだけの時、互いの好きなセックスを話してちょっとHな気分になったりと、いろいろでした。

その中で一人の人と何度かチャットをすることがありました。
私より10歳程年下で、関東の方で楽器演奏の仕事をしている男性でした。

借金や離婚やらで疲れてしまった私を「女性」として見てくれることが嬉しかったです。

呼ばれれば出向き、楽器演奏をしたり、小学校で子供たちに教えたりの仕事をしているということで、こちらにも来るということになり会う事になりました。

ワンナイトラブの事を後悔しているか?

たしか、土曜日の夕方、駅で待ち合わせました。

彼は大きな楽器を扱う人らしく、がっちりした体格で、また子供相手に指導したりするという仕事が想像できるような、温厚で誠実な第一印象でした。

出会い系等で会ってしまうと、そのまま「ホテル行く?」などど誘われてしまいがちですが、彼は下見をしていい感じの店を見つけてくれていて、そこに案内してくれました。

若向きでおしゃれな感じの洋風居酒屋で、「デート」みたいに振る舞ってくれて嬉しかったです。

「フリーになる気軽さ」と40歳になった私を女性扱いしてくれることで気分が良かったです。

他愛ない話をして楽しく過ごしました。

特にHな話にもならなかったし、彼は決してもてない男という感じでもなかったので、飲んで終わりかなとも思いました。

私の方は美人でもなくぽっちゃり系だからです。

でも、お店を後にして彼がさりげなく手を繋いできて夜道を歩きました。

しばらく歩くと「僕の取ってあるホテルに行く?」と。

いつもビジネスホテルだと聞いていたので
「(一緒に入っても)大丈夫なの?」と聞きました。

想像していた部屋より狭くてビックリでした。お風呂もさらにコンパクトでした。

冷蔵庫のお酒を少し飲んだあと、シャワーに仲良く一緒に入りました。

楽器を扱う人そのままに、年下の彼はずっと優しかったです。

当然ベットも小さめでセックスの時、彼が激しく腰を動かすと私の頭が何度も壁にぶつかりそうになりましたが、とても気遣ってくれました。

彼とは半年後くらいにもう一度会いました。

「年下の彼氏」との恋愛ごっこはとても楽しかったですし、私に自信をくれた経験でした。

関連する記事一覧