私のナンパの基準は至極シンプルで求めているのは肉体のみです

570 views

np1

地域大阪茶屋町

性別男性

年齢32歳 歳

ナンパ時のファッション爽やか系

ナンパにかかった費用17000円

Hした場所ラブホ

声をかけた人数10人

ターゲットだらん

系統ケバ系

私がナンパで求めているのは肉体のみです

私のナンパの基準は至極シンプルなものです。まず最低ラインをクリアしているかどうかです。最低ですから、そんなに可愛い子である必要はありません。私がナンパで求めているのは肉体のみです。ですから少々難アリでもOKです。脱いだら女は変わります。イマイチだなあと思っていても、ショーツ一枚になると妙なエロさを醸し出したりします。そのギャップにやられるんですね。もう一つの基準は、顔が怒っているかどうかです。もちろん怒っている感じというか、鬱陶しそうな顔をしている女はスルーします。

そんな時にナンパされたら、ますますイライラしてしまうでしょう。そんな感じでなかったら迷わずGOです。判断に迷った時もナンパしに行きます。経験を積んでいくうちに、別に怒っていなくても怒っているような顔になってしまう女の見分けが付くようになってきました。眉間にシワが寄る女や一重まぶたのキレ長っぽい目の女は、自然と怒っているように見えてしまうのです。


01001

タイプだったので内心自分にGOサインを送っていた

道路で待機中に古着屋に入った女。1人で遊びに来ている感じだったので、反対側の入り口から侵入しました。そしてさり気なくすぐ近くでシャツを見る振りをして、数着ピックアップ。少し腕組みしたあと、「ライブで着るんだけど、どっちが似合うかな?」と声掛けしました。あくまでどっちにしようか困っている感じで聞いて、笑顔は出しません。すると女は真剣に考えてくれて、あれこれとアドバイスしてくれました。そこからお茶に行きましたね。

荷物を沢山抱えた買い物帰りの女。逆側に急いで大回り、すれ違いざまに避ける振りをして、ナンパ用の壊れたスマホをワザと落としました。こういう場合は、「あ、ごめんなさい・・」と立ち止まってくれる場合が意外なほど多く、そこから荷物を持ってあげるという流れに持って行くのですが、その女は立ち止まったものの、実に面倒そうな顔をしていました。タイプだったので内心自分にGOサインを送っていたのですが、やっぱり無理でした。ナンパはお互いハッピーな気分でないと厳しいです。

関連する記事一覧