ナンパのターゲットは真面目風の地味なOLさん風の女性が好み

602 views

01001

地域東京都渋谷道玄坂

性別男性

ナンパ時のファッションスーツのサラリーマン風

ナンパにかかった費用1万円

Hした場所ラブホテル

声をかけた人数3人

ターゲットみらん

系統お姉系

ナンパ慣れしていないようなタイプ

まずゆっくり歩いていることを、一番の選定基準にしています。勿論、やや小走り気味の女性であっても、単に歩く速度が速かったり、1人でいるところが何となく嫌だと言った場合もありますから一概に断定出来ませんが、やはりゆっくりと歩いている女性は、ナンパを期待しているとはかぎらないものの、声をかけられることを期待している場合が多いと言えるからです。

あと、当然ですが援交目的の子にひっかからないよう、ギャル系の女の子に一切声をかけません。真面目風の地味なOLさん、つまりナンパされることにあまりなれていない感じの女性を主なターゲットにしています。また、こちらも2人いることが前提とはなりますが、特に渋谷等では1対1のナンパより2対2のグループナンパの方がやや成功率が高いように思えます。但しその場合であっても、前述したようなポイント、ナンパ慣れしていないようなタイプでゆっくり歩いている2人組といった基準は全く同じです。




01003

美味しい展開となりました

バブリーな感じではないけど、OLと言うよりは管理職タイプもしくは小さな企業の社長さんといった雰囲気の女性がうつむき加減気味にセンター街を歩いていました。なんとなく仕事で悩んでいる雰囲気が漂ってきたので、ナンパと言うよりとにかくその女性の悩みないし困っていることを聞きたくなったので、自然に声をかけることができました。そうした、下心丸見えと言った感じでなかったことが幸いしたのかすんなり誘いに応じてくれ、そのままパブへ行き、その後美味しい展開となりました。

これは地方へ出張した際のシチュエーションでした。同僚2人とある地方都市の公園でタバコを吹かしていたところ、もろ好みの可愛いOLさんが近くのベンチに座ってきました。何気なく観察しているとしくしく泣き出したのですね。これは自然に声をかける絶好のチャンスだったのですが、同僚もニヤニヤしながらそのOLさんを観察していたため、流れ上、仮にそのOLさんに声をかけたとしたら同僚2人で相手しなければならないことは、流れ上確定していしまいます。それで本当に残念でしたが、ナンパを諦めました。

関連する記事一覧