ありえないくらいダさい彼、それでも止まらなかった抱かれたい気持ち

352 views

feet-684683_640 (1)

投稿者の名前ゆりえ

年齢24 歳

ナンパされた場所神奈川県東京都渋谷区の公園、渋谷区内の相手男性の家

恋人の有無いなかった

ファッション/系統清楚系

なぜワンナイトラブに発展してしまったのか?

相手はバイト先の本屋の先輩でした。

先輩とはいえ相手は同じ年齢。

一緒に働いているスタッフは学生や正社員、主婦ばかりでフリーターは彼と私だけ。

音楽の趣味も合い、じつは若干私の方が詳しかったので
よくバイト帰りにCD屋に寄っておすすめのCDを教えたりしていました。

実は私は彼に一目惚れをしていました。

地味な服装のシルエットからわかる、
柔道部で鍛えたという筋肉質の体から漂うなんともいえない色気にドキドキしていました。

偏屈な性格で周囲を困らせる事や、ちょっとダさい服装も気になりましたが、
そんなことはどうでもなるくらい彼がいとおしかったです。

徐々にバイトあとの時間を共にする時間が当たり前になっていってました。

そして、気がつくとお互いの体が恋人同士のように近づいていました。

ある日、ガラガラのスタバの4人がけの席を、対面ですわるのではなく、
彼が隣にすわってきて、肩を密着させてきました。

私は彼の体温にクラクラしてしまいこれは踏み込んでしまったなと思いました。

そしてスタバを出たあと人気のない夜の公園のベンチで私たちは抱き合い、
彼からいきなりディープキス。そのまま彼の家まで行きました。

ワンナイトラブの事を後悔しているか?

当時は、彼には彼女がいたので、私は別れてくれるのだと信じました。

しかし、彼の家で終わったあと、
彼は遊びのつもりで私を誘っただけということがわかりました。

私は本気で彼の事が好きだったので、とても落ち込み、泣いて怒り、
もう会わないしバイトもやめるといいました。

彼は私も遊びのつもりでのってきたと思っていたらしく、びっくりしていました。

そして泣き止まない私をぐっときつく抱きしめていました。

その後メールで「俺は◯◯さん(私の事)が好きです」ときましたが、

結局彼は彼女とは別れる選択をしてもらえず、結局彼女に私との浮気がバレ、

私はバイトを辞め、関係は終わりました。

後悔は当時はしていました。彼の彼女には悪い事をしたと。

しかし、時は流れ彼はその数年後彼女とは別れ、別の人と結婚。

すでに2児のお父さん。私も幸せな結婚生活を送っています。

現在は、とくに不倫という訳ではなくて、私が外見や性格はどうでもよくて、

「どうしても惹かれてしまう何か」

というものがある…ということをしることができたのは

とてもいい経験だったと思っていて後悔はしていません。

よい思い出となっています。

関連する記事一覧