お酒も飲ま黙って悩みを聞いてくれた元彼と自宅での危険な不倫

82 views

cocktail-554682_640

投稿者の名前

年齢33 歳

ナンパされた場所三重県自宅

恋人の有無既婚者

ファッション/系統清楚系

なぜワンナイトラブに発展してしまったのか?

私は当時専業主婦で、子供は居ないという状況でした。

平日は基本、夫の帰りは遅く大体22時〜23時に帰宅するという毎日が続いており、
1日の大半は一人であり家事を全て終わらせたとしても、かなりの時間を持て余していました。

そんな中、私が所持するPCから登録してある、
日頃使用しているフリーメールに元彼からのアプローチがありました。

内容は「最近どう?」的な些細なものだったのですが、

少し日常に対して鬱憤が溜まっている私はつい元彼に色々とぶちまけたのです。

元彼は親身になって話を聞いてくれました。

そこで、久々に二人で飲みに行こうという流れになり、
どうせ夫も帰宅時間は遅いとの事でその提案に乗ったのです。

あまり飲むと夫に感づかれてしまうので、
あくまでたしなむ程度にして鬱憤は愚痴で晴らすような形となりました。

その後黙って話を聞いてくれた元彼に、
お礼のような形で私は自宅で元彼と行為に及びました。

もっとも、元彼もそういう目的もあったと言っていました。

ワンナイトラブの事を後悔しているか?

ストレス発散の目的が強く、特に後悔等の意識はありません。

二人で飲みに行った時点で、お互い少なからずそういう目的もありましたし、
そういう雰囲気になっていきますから。

私自身、相当ストレスが溜まっていたんだと思います。

後、お酒も飲まずに黙って私の話を聞いてくれる元彼に対しても、
改めて見直すところがありそれが行為に発展した第一の理由だと考えられます。

しかし今の私の環境は、これら一連の行動が「いつでも」可能な状況である為、
自分自身の気を緩ませない為にも元彼とはこれっきりにしています。

夫に何かの拍子で発覚してしまう事が最大の問題となりますから。

ただし、フリーメールでのやりとりは今でもしています。

それと、自宅で行為に及んだ点については間違いでした。

やはり行為の後は独特の臭気が部屋に立ちこめ、
これらの臭気を消す作業が大変だったのです。

部屋の窓を全て解放し、有名メーカーの消臭剤を使用し、
その後お香を焚いて何とか臭気の排除に成功しました。夫にはバレていません。

関連する記事一覧