欲張ったけど、後悔していない

59 views

bed-625386_640

投稿者の名前チサト

年齢27 歳

ナンパされた場所埼玉県自分のアパート

恋人の有無彼氏がいた

ファッション/系統お姉系

なぜワンナイトラブに発展してしまったのか?

相手は5歳年上のバイリンガルでした。

仕事関係である一時期に一緒になって、過ごす時間が多くありました。

正直言ってまったくタイプの男性ではなく、むしろ正反対なくらいで、
今までもかかわったことのないような人でした。

その彼はオーストラリアに長く住んでいたので、感覚的には外国人のようでした。

当時私にも彼氏がいましたし、付き合っていた彼ともとくに問題もありませんでした。

相手には同棲している年上の彼女がいると、同僚の女友達が話していました。

そういったことを耳にしても、ふうんと思ったくらいで何とも感じませんでした。

その後、その彼と仕事を通じて費やす時間が増えました。

まったく興味すらわかない相手だったにもかかわらず、
何とも言えない魅力のようなものを感じてしまうようになってしました。

外国人ではないけれど、話すことも態度も何もかも日本人のようではなくて

とても不思議な気分になることがたくさんありました。

私自身も自分の気持ちが分からなくなってしまうような、
その彼に心を持ってかれてしまうような日々が続いて困惑してしまいました。

そしてある時、夕飯を一緒に2人きりでする機会がありました。

その時にお酒に酔ってしまったのもあって、ホテルに行くことになりました。

ワンナイトラブの事を後悔しているか?

結果的に何が何だかわからないうちに、その相手と寝てしまいました。

酔っていたとは言え、すべて覚えています。

それに介抱されたわけでもありませんでした。

付き合っていた彼氏は、私のすごくタイプで優しくてこの上ない人でした。

でも、この5歳年上の相手は、ただならぬ魅力の持ち主だったのです。

遊び慣れているのも感じましたし、思考がもう日本人ではないから、
気付かない間に気持ちが持ってかれていたのだなと思います。

正直言って、セックスもうまかったです。

ああ、このままとりこになってしまうかもしれないとも感じたくらいです。

一緒に寝るまで過ごした期間があるわけですが、
じわりじわりと好意を抱いていたのかもしれません。

その相手は、まもなくして退職していきました。

私も彼氏がいるし、本当に割り切っていたのでなんだか返ってスッキリしてしまいました。

彼氏には本当に申し訳ないと思いましたが、私自身は少しも後悔しませんでした。

はっきり言って、これから先も出会えないような不思議な魅力を持った人と
寝れて満たされた部分がありました。

なので、自分の中ではいい思い出になっています。

関連する記事一覧