一人で食事をしていたらイケメンが話しかけてきてついつい……

534 views

martini-548031_640

投稿者の名前心美

年齢20 歳

ナンパされた場所千葉県相手の自宅

恋人の有無彼氏がいなかった

ファッション/系統清楚系

お酒をおごってくれてお酒の勢いも有りワンナイトラブにまで

一人で飲んだり、食事に行く事を趣味としています。

いつものように軽食店で食事をしつつも、スマートフォンをいじったり、
食後にコーヒーを飲みながら読み物をしていると、すらりとしたイケメンが話しかけてきました。

かなり痩せているのですが、はっきり言って超美形の男性でした。

テーブルに投影された男性の影を見た時、やだな、ナンパかなと疎ましく思ってしまったのですが
顔を上げて男性の顔を確認し、端正な顔立ちのために私はころっと笑顔になってしまいました。

ずいずいと押してくるのですがイケメンであるために嫌な気分にはならず、
お酒をおごってくれてお酒の勢いも有りワンナイトラブにまで発展してしまいました。

顔立ちのせいなのか嫌ではありませんでした。

tie-642063_640

こんなイケメンがいるんだなあ、なんて惚れ惚れしてしまうくらいの男性だったのですが、
同時にこんなイケメンでもナンパをするんだなあ、との意外性もありました。

イケメンからは最初から下心が感じられましたが、顔立ちのせいなのか嫌ではありませんでした。

相手の自宅まで赴き、セックスをしましたがセックスをした後に、
やはりどうして安売りをしてしまったのだろうといった後悔に襲われてしまいました。

セックスをすると女性が損をする、といった社会通念により後悔をしてしまいましたね。

正直、酔っていたためにセックスが良かったか悪かったかは思い出せません。

気付けば相手の自宅におり、裸で寝ていたためにセックスをしたのだと分かるくらいでした。

自宅でやるべき事も残っていたのに、イケメンとお酒に釣られてセックスをしてしまい、
最終的にはあまり満足ができませんでした。

お酒の力は怖い、なんて今更ながらも思ってしまいました。

あまり知らない相手ですので、
もしかしたらエイズをばらまきたいエイズ持ちなのかも、との恐ろしさもありました。

イケメンがナンパをしてくる事事態珍しかったもので、エイズをばらまきたくてナンパをしてきたのでは、なんて被害妄想も少し感じてしまいましたね。

エイズは発症しなかったようで、それだけは安心しています。

関連する記事一覧