失恋の傷を癒すため、ついついワンナイトラブしてしまいました

350 views

hotel-601327_640

投稿者の名前AI

年齢23 歳

ナンパされた場所東京相手のアパート

恋人の有無彼氏なし

ファッション/系統きれいめカジュアル系

SNSを通じて知り合った3つ年上の男性

当時、私は同じ職場の同期が好きだったのですが、思い切って彼に告白したら見事に玉砕してしまいました。
そのことで女性としての自信がしばらく揺らいでいたのです。

そんな中、SNSを通じて知り合った3つ年上の男性(仮にAとします)と会うことになりました。

彼とはメールのやりとりをしていく中で親しくなり、
趣味が似ていることと住んでいる場所が近いことで意気投合しました。

相手の指定してきた待ち合わせ時間は夜でした。

私は正直、これはセックス目的なのではと真っ先に思いましたが、Aと会うことに決めました。
なぜなら、私はそのとき失恋で傷ついた心の穴を、誰でもいいから埋めてほしいと思っていたからです。

それに、自分を女性として見てもらえることも、何だか嬉しかったのです。
相手の目的がどうあれ、自分が求められているという状況に喜んでいました。

レストランで食事をした後、案の定Aは私を彼のアパートに誘いました。

そのような訳で、ワンナイトラブに至ってしまったのです。

正直に言うと、後悔しています。

01001

私は相手のAのことを本当は好きでもなかったし、
軽々しくセックスしてしまったことや失恋の腹いせに過ぎなかったことにも自己嫌悪を覚えます。

それにAはプレイボーイで、私以外にも他の女性と関係を持っていることをほのめかしていました。
私は当時そんなAが憎たらしかったのですが、よく考えてみれば夜遅く軽はずみに
Aのアパートについて行ってしまった自分も同じくらい悪いのです。

とはいえ、後悔しかないかといえばそうでもありません。

まず、女性としての自信もその一件でちょっと回復しました。
本心かどうかはともかく、Aに「綺麗だよ」と言われ、正直嬉しかったです。
「君は可愛いからすぐに彼氏できるよ」と他人事のように言われたのは、喜ばしくも腹立たしいことでしたが。

また、ある意味貴重な経験ができたかなとも思っています。
酸いも甘いも経験することにより、人間としてより魅力が増すのかな、と今は良い方に捉えています。

関連する記事一覧