ワンナイトラブで不倫の恋に決着をつける決断をさせてくれた彼

150 views

goukon3

投稿者の名前ルミ

年齢30 歳

ナンパされた場所埼玉県埼玉県 さいたま市のホテル

恋人の有無彼氏がいた(不倫中)

ファッション/系統清楚系

相手は会社の上司です。

“私は地方出身者です。

それでも、東京に就職できてウキウキで仕事をしていました。

でも、都内は家賃の相場が高くて当時は埼玉県に住んでいました。

仕事先からも割と近かったのも住んだ決めてでした。

当時、私は恋をしていました。

けれども、それはしてはいけない不倫の恋でした。

今となってはよくある話ですが、初めての就職で右も左もわからない私を指導してくれたのが上司でした。

当時は彼氏とも遠距離恋愛でうまくいってなくて、素敵な年上の男性を好きになってしまったのです。

でも、家庭がある身だったので今日の予定もキャンセルです。

そんな時に偶然、地方での同級生とばったり会ったのです。

懐かしさもあって飲みに行くことになりました。

それが、ワンナイトラブになるとも知らずに。

お酒も入って、昔の話で私たちは盛り上がりました。

彼は、出張でたまたま来ていた所だったそうです。

そんな彼と、偶然出会ってしまったのも運命だったのかもしれませんね。

地元の話で盛り上がりました。

なんと言っても私は寂しかったのです。

78

彼は出張で来ていてお店もわからないとのことだったので2件目は私のチョイスでちょっと大人のバーに行くことになりました。

二人ともかなり酔っていたと思います。

ダーツをやったりしてる時は、密着してきた彼にちょっとドキっと男を感じてしまいました。

彼氏はいるけれども、いるとははっきり言えない不倫の関係。

絶対に奥さんとは別れたりしないし、私を選ぶ事もないとわかっています。

でも惹かれてしまうのは、それほど好きになってしまっているからなのか、引き返せないのか、とにかく空しかったんです。

今日のキャンセルもきいていました。

それで、もうきっと会うことはないであろう地元の彼に相談しました。

私の今の状況、どうすればいいかと。

でも、やっぱり彼の答えは「別れろ」でした。

今日は、そんな彼の事を忘れさせてやると、お酒の勢いもあって彼に抱かれました。

抱き合っている間だけは、確かに上司の事は忘れていたと思います。

その事があってから、私も上司とは距離を徐々に置くようになりました。

そんなきっかけをくれた地元の彼には感謝しています。

一夜の関係でしたけどね。

関連する記事一覧