キャッシュバッカー(CB)とサクラの違いについて。

37 views

o8a5b0bcacfef944e10c0f525ea5264d5_m

出会い系サイトには、CBと呼ばれる存在とサクラと呼ばれる存在があります。
どちらも私たち男性ユーザーにとって迷惑な存在なのですが、
今回はこれらの違いと見分け方についてお話しします。

サクラとは?

サクラにはまず、「内部サクラ」「外部サクラ」がいます。

内部サクラは、サイトの運営側によって雇われているサクラで
女性会員のふりをして男性と連絡のやり取りをすることで、
さもそのサイトに女性会員が多いように見せかけたり
男性から多くのマネーを搾り取るのが目的だったりします。

一昔前まではほとんどのサイトにサクラがいましたが、消費者の知識がついて、
誰も出会い系サイトを利用しなくなっていったため、
現在の健全な出会い系サイトではめっきり内部サクラがいなくなりました。

が、未だにマイナーなサイトにはたくさんいます。

そして、優良なサイトでも必ずと言っていいほど居るのが外部サクラの存在です。
これはサイト側の運営とは全く関係なしに外部の業者が女性になりすまして登録している会員です。

目的は男性ユーザーを自分たちのサイトに誘導したり、
メールアドレスを教えて連絡させることでアドレスを入手するのが目的です。

キャッシュバッカーとは?

つづいて、キャッシュバッカーですが、これは業者ではなく一般人であることが多いです。

やっていることはほとんどサクラのような業者と変わりありませんが、
一般人がお小遣い稼ぎを目的に出会い系サイトを利用することをそう呼びます。

出会い系サイトでは、友達紹介システムやアフィリエイトなどでお金を稼げますし、
女性会員の場合、サイトによっては男性とメッセージのやり取りをするだけでポイントをもらえる、
あるいは掲示板に写真を投稿してそれを男性ユーザーが閲覧するごとにポイントがもらえるなどの
制度を設けていることがあります。

これを狙って利用する女性ユーザー、
あるいは女性になりすましている男性がキャッシュバッカーです。

当然、目的は「お小遣い稼ぎ」であって「出会い」ではありませんから、
いくらやり取りをしても会えることはありません。

サクラやCBの見分け方

彼らがいるところには必ずお金がかかります。

女性側からやたらと積極的に連絡をしてきたり、援交、エロを助長させる内容の連絡を
頻繁に送ってくる場合は間違い無いと思っていいでしょう。

女性は基本的に受け身姿勢で利用していることが多いです。
なぜなら、会員の比率は圧倒的に男性の方が多いわけですから、嫌でも連絡が来ます。
自分から連絡をしなくても相手から来る連絡を待っている方が効率的なのです。

それなのにも関わらず、積極的に同じ男性へ何度もなんども連絡をする女性会員がいるでしょうか?
そのメールに返信するにはお金がかかりますから、彼らの懐が潤うわけです。

外部サクラの見分け方

01001
外部サクラの場合は、先述した積極的に連絡をしてくるというものに加えて、
やたらと直接連絡をとりたがったり、早い段階からメールアドレスを教えてきます。

もしくは、
「こっちのサイトはあまり利用してなくて、普段はコッチを使っているから登録してみて」
などと、外部サイトを紹介されます。
あまり利用していないくせに積極的に連絡を取ってくるっておかしいですよね?

このような積極的な女性は業者だと思っていいでしょう。

以上、CBとサクラの見分け方でした。

関連する記事一覧