出会い系で『女性の盛り写真』に騙されない方法

1,127 views

01002

女性の「盛り写メ」は、いまや当たり前になってしまいました。
男性の多くはこの事実を知らないため、
実際に会って残念な思いをしたこともあるのではないでしょうか?

盛り写メの発祥はプリクラから来ています。

プリ機で当たり前のように盛り写真を撮影している現代の女の子たちは、
自分の写メを盛ることに疑問を抱きませんし、ただでさえ化粧で隠している女性は、
男性と比べて「偽造」が遥かにうまいのです。

この盛り写メに100%騙されないようにするのは不可能ですが、
参考までに傾向をご紹介していきます。

スマホアプリ

スマートフォンが普及したことで、詐欺写メの精度は驚くほど完璧になりました。
これでもうほとんど見分けることができなくなってしまっているのですね。

たとえば、体型を修正する機能では、太った女性がほっそりします。
鏡で全身を撮影している人などに多く利用されていますが、
背景や周りのものもチェックしましょう。不自然に全身鏡が細かったりしませんか?

また、同じく多いのが目の大きさや顔の形を修正するアプリ。
実際に会ってみたら目が紐だったり、思ったよりもむくんでいたというのは
詐欺写メのせいかもしれません。
01002
目の大きさは、個人的にはあまり気にしないのですが、
印象を大きく左右する部分であることは間違いありません。

加工をしているうちに知らず知らずのうちにやり過ぎている人は
ちょっと冷静に見ればわかりますね。

太っていることを隠して顔のサイズを修正している人でも
自撮りの手や指を見れば、修正しているかどうかが分かったりします。

数枚送ってもらう

出会い系でもSNSでもそうですが、1枚しか写真を掲載していない人は、
あまりその一枚を信用しないほうがいいです。

よく、鏡撮りをしている人がいますが、左右の顔のバランスは違うため、
実際の顔とは違う可能性があります。

たとえ詐欺をしていなくても、写り方で随分と印象が変わるのが人間というものです。
可能であればタイミングを見計らって数枚写メを送ってもらいましょう。
その数枚で比較することができ、比較対象ができます。

SNSのアカウントを教えてもらう

出会い系サイトで知り合い、LINEのIDを交換して連絡を取り合うことはよくありますが、
出会い系サイトでプロフィール画像が一枚、LINEのプロフィールはペットの画像だった場合、
その写メがどの程度盛っているのかを判断できません。

写メを要求するのが難しそうな場合は、タイミングを見計らって
フェイスブックやツイッターなどのSNSアカウントを教えてもらいましょう。

もしくは教えてもらった名前が本名であれば、
フェイスブックのページが検索できたりしますよね。

プライベートで使っているSNSなら、友達と写っている写真の一枚や二枚はあると思いますので、
詐欺の自撮りではない素の姿を見ることができます。

もちろん、SNSにも写真がなければ意味がありませんが。。。

最後に

アプリでの修正や撮り方の工夫などで、人の印象は随分と変わりますが、
それ以前に、昔よりもメイク用品が発達したことによって、より詐欺がしやすくなっています。

メイクで女性は驚くほど別人になりますし、
普段ではできないような厚塗りの化粧も加工ができる写真なら可能なのです。

一番大切なことは、写メを見てその人を信じ込まないようにすることです。
写真はあくまでも目安として、あまり期待しないようにすることが大切ですね。

関連する記事一覧