出会い系で出会った女の子と簡単にアポを取る方法

193 views

01001

出会い系サイトに登録をして、女性と出会おうと思ったのに全然女性ユーザーから
連絡が帰ってこなくて全く出会えないという人も多いのではないでしょうか?

一番のコツは出会い系サイトを長く使ってコツを掴むことですが、
お金もかかりますので簡単にコツをご紹介していきます。

登録日とログイン状況をチェックする

出会い系サイトに登録している女性ユーザーの全てが
出会い系をリアルタイムで利用しているとは限りません。

気が向いたときに登録をしてそのまま放置しているユーザーもいますし、
利用するときだけ利用して、用事が済んだら放置というユーザーもいます。

放置ユーザーにどんなにアプローチをしても連絡が返ってくるはずもありません。
なので登録日やログイン日時などの状況をチェックしましょう。

もっと言えば、新着会員もチェックしておくことで連絡がとりやすくなります。

目的をハッキリさせる

まず、自分が女性の立場に立って考えなければいけません。
女性は男性よりもネットを使った出会いに抵抗があります。
その状態でたくさんの男性から連絡がくるわけです。

自分が出会い系サイトを利用している目的をハッキリさせましょう。

というのも、出会い系サイトを利用している以上、
出会いを目的にしていることは確かですが、女友達を募集しているのか、
メル友を募集しているのか、はたまた恋人なのか、セックスフレンドなのか、
など、実に幅広い目的があると思います。

男性はたいていSEXを目的にしていることが多いですが、
それでは女性ユーザーと連絡が取れなくても無理はありません。

まずは、自分がどの方向性で利用しているのかをハッキリさせることで、
同じ目的の女性ユーザーが安心しやすくします。

人間性をハッキリさせる

ネット上のやりとりでは顔がわかりません。

だからこそ、どんな人なのかわからないのが女性にとって一番不安です。
自分の人間性を簡潔にしっかりとまとめて文章にしておきましょう。

たとえばプロフィールは、まず最初にチェックされるポイントです。
あなたが女性ユーザーにメールを送って、その返信をするかどうかは
プロフィールとメールの内容にかかっているのです。

プロフィールの紹介文がしっかりしていれば、
女性側から連絡がくることもあるかもしれません。このように人間性の明記はとても大切です。

プロフィールを作り込む

01002
さて、以上を踏まえてプロフィールを作り込みます。
プロフィールはなるべく簡潔に自分という人間について、必要な部分のみを記載します。

悪い例としては、いくら彼女募集中でも
「自分は女性に免疫がなくてずっと彼女がいません。。。
だからこちらでなんとしても彼女を作りたいです!」

という文章では女性も引いてしまいます。

悪い言い方をすると、明らかに売れ残りのモテない君であることが見え見えだからです。
いくら素直にプロフィールを書くといっても、
ネガティブなことはあまり書かないようにします。

しかし、「人見知り」は、場合によってはプラスに働く場合もあります。

件名を工夫する

ここまでの段取りが出来たら下準備は完成です。
いよいよ女性ユーザーにアポをとりますが、件名は特に工夫をしてください。
出会い系サイトは未だに女性ユーザーよりも男性の方が多いです。

つまり、同じようなメールを何通も受け取っている可能性も高いわけです。
件名を工夫して本文を読みたくなるような内容にすることが大切です。

簡潔で人がわかりやすい文章を送る

本文で大切なのは、プロフィールと同じように簡潔な自分の説明を入れることです。

いきなり「◯◯に住んでいます。良かったらメールしませんか」では、
返信する気も起きないでしょう。

こんなメールは数撃っても一発も当たりません。

ユーモアと簡単な質疑を混ぜる

同時に、文章が長くなりすぎないことが大切です。

論文のようなメールを送られても読むだけで面倒ですし、
面倒臭そうな人間性が滲み出てしまいます。

1~2行の自己紹介と、相手のプロフィールなどについて簡単な質問を織り交ぜ、
あとはユーモアを忘れないことが女性ユーサーから返信をもらう重要なポイントです。

関連する記事一覧