ワンナイトの相手だ既婚者だったとは知らず、気がつかないうちに不倫してしまった体験談

985 views

36

投稿者の名前ちあき

年齢23 歳

ナンパされた場所東京車の中

恋人の有無彼氏がいなかった

ファッション/系統OL系

夜景スポットに車を止め

その日、会社のお昼休みでランチを済ませた私は、新宿駅付近の喫煙所でタバコを吸っていました。すると突然、スーツの男性がどこの会社で働いているの?と声をかけてきました。平日、日中というシチュエーションもあり、まさかナンパだとは思わない私は考える間もなく答えてしまいました。すると、会社近くだね。仕事終わったら飲みに行こうといわれ、考える間もない程スムーズに連絡先交換をしていました。

平日の日中、スーツ姿という状況が私の警戒心を油断させたのかもしれません。ちょうど仕事が終わった頃、連絡が来て近くの居酒屋に飲みに行きました。その男性は聞き上手で、うまくお酒を勧めながら私の会社の愚痴をうんうんとずっと聞いてくれました。何時間も愚痴を話し、お店を出る頃には千鳥足で歩けない程に酔っ払っていました。そんな私を笑顔で支えてくれながら、それじゃ電車で帰すのが心配だから家まで車で送っていくよと言ってくれました。なんて優しい人なんだろうと単純に思いました。車で帰宅途中、夜景スポットに車を止め、雰囲気に酔ってワンナイトラブに発展しました。



01001

好みのタイプだし

好みのタイプだし居酒屋でも奢ってくれ、車で送ってくれて、その男性を魅力的に思いました。これからも、また飲みに行ったりしたいと提案した所、結婚しているからまた誘うから連絡は控えて欲しいと言われました。そこで初めて、彼が結婚している事を知りました。それと同時に、激しく後悔しました。よく知りもしない人を魅力的に思い、お付き合いしたいと思ってしまった自分が恥ずかしくなりました。

何より家庭のある人だったという事に対しての罪悪感に襲われました。私はちょうどその頃彼氏と別れて間もない頃で、寂しかったんだと思います。それに、彼の顔も好みのタイプだったからラッキーぐらいに思っていました。その日以降、彼からの連絡は一度もありませんでした。また、ナンパされた場所の喫煙所に毎日のように足を運んで待っていましたが、その日以降彼とは一度も会えませんでした。もしかしたら、近くの会社で働いているというのも嘘で、ナンパの手口だったのかもしれません。

関連する記事一覧