一度きりだけと、イケメンの憧れ人とのエッチは素敵な思い出をつくりました

710 views

danjyo13

投稿者の名前りん

年齢19 歳

ナンパされた場所神奈川1人暮らしの相手のアパート

恋人の有無フリー

ファッション/系統カジュアル

とても素敵な夜でした

相手の男性は、同じ大学に通う友達でした。その人はかなりイケメンで、大学でも女子人気が高く、狙っている子がたくさんいるような人でした。私はその人とたまたまゼミが同じで、ゼミの仲間何人かと一緒に遊ぶことがよくありました。その日は、女友達と二人で、その彼のアパートに遊びに行きました。しかし、彼はかなりの潔癖症で、がさつな私の友人の行動に怒りはじめてしまい、彼女を無理矢理追い返してしまいました。

私も一緒に帰ろうかと思ったのですが、私は彼に憧れていたので、このまま帰ってしまうのはもったいないような感じがして、なんとなくその場に残りました。2人きりになって、恋話なんかをしていると、だんだんエッチな話になっていき、イチャイチャし始めて、自然な感じでエッチまでしてしまいました。

私は久しぶりのエッチでしたし、憧れの彼が相手でとても緊張してしまいましたが、彼が慣れてる感じで、優しく緊張をほぐしてくれました。私はとても感じてしまい、濡れすぎて恥ずかしかったのですが、とても素敵な夜でした。



40

エッチをしても恋愛に発展する

彼は、エッチする前から特定の彼女を作るつもりはないと言っていたので、エッチをしてもそれだけの関係だということは分かっていました。また、彼は潔癖症だったので、私自身もお付き合いするのはちょっと無理かなと感じていたので、エッチをしても恋愛に発展するようなことは期待していませんでした。そのような意味で、セフレのような割り切った関係でしたが、彼と関係をもったのはその日だけでした。それ以後も、彼の私への態度は変わることはなく、今まで通りの友達でしたが、私はなんとなく恥ずかしくなってしまい、もしかしたら彼を避けているように思われたかもしれません。

それでも、私にとってはその夜は素敵な思い出でしたし、彼がこれまで通り友達として接してくることに不満はありませんでした。むしろ、みんなに人気がある彼と関係をもったことを自慢したいような気持ちでさえいました。でも、実際にはそんな行為は恥ずかしいことだという気持ちがあったので、仲のいい友達にさえも私は言えませんでした。

関連する記事一覧