銀座線赤坂見附駅で密着してくる彼女は誘っている!?ボクの理性はそこで完全崩壊!

4,160 views

e002

年齢40歳(男性) 歳

ナンパ時のファッションモード系

ナンパにかかった費用20000円

Hした場所ラブホテル

声をかけた人数1人

系統女子大生

ナンパは滅多にしないのですがそれは自信が無いからです。
でも相手が誘う素振りを見せるとやたら強気になるのがボクの性格、その日はまさにそんな夜でした。
日帰りの栃木出張で浅草から乗った銀座線は最終間近、銀座辺りからかなり混んできました。

赤坂見附かもしかしたら溜池山王だったと思うのですが、気付くと若い女性がボクと密着するように立っています。
しかも何だか様子が変、ずーっと寄り添うように立ったまま離れません。
春先で薄手のニットを着ていた彼女はほんの少しぽっちゃり系、けして太い感じではなくグラマラスな体型です。
密着感が気持ち良くてボクはそのまま感触を楽しんでいました。

もしかして痴女?

様子がおかしいのに気付くのに時間は掛かりませんでした。
なぜなら彼女の背後にいた乗客が途中で降りていったにも関わらず、彼女は動こうとしませんでしたから。
しかも形の良い大きめのおっぱいをボクの肘に押し付けたままです。
周囲には気付く人がいたかもしれませんが、ボクはその気持ち良さに勝てず動くのが勿体ない気がしていました。
少しでも嫌がる素振りを見せるならすぐ離れますし、横目で彼女の表情を見ていたのですがむしろ彼女も感じているかのような雰囲気です。

もしかしたらカップルにしか見えなかったのかなあとも思いますが、そのまま渋谷に到着。
下車して改札を抜けると彼女はボクのすぐ後ろを歩いてきます。
そのまま帰るかどうか迷ったのですが、こんなこと滅多に無いしダメもとで声を掛けました。
一杯飲みませんか?
彼女は静かに頷きました。

喋ると真面目そうな娘だったけど

駅を出て道玄坂裏にある居酒屋へ、そこは前からたまに使っていた店で居酒屋の割に静かに飲める店です。
なんでこんなことになってるんだ?と自問自答を繰り返しますが答えが見つからないまま少し飲みます。
彼女はほとんど下を向いたままですが、恥ずかしいのか興奮しているのか少し頬を赤くしています。

けして美人とは言えないまでもごく普通の学生かOLさん風、改めてそのグラマラスな体付きにボクはエロい想像ばかりしてました。
最初は何話していいかわかりませんでしたが、酒が進むと自然の成行きで泊まっていこうと言うことになりました。
でも渋谷ってラブホは混んでるんですねえ。
何軒か走り回ってやっと一軒見つけました。

もう速攻掛けるしか無いでしょ!

ホテルの鍵を受け取ってエレベーターへ、何かその日はめちゃくちゃ興奮してて抑えが効きません。
目が合ったのですぐキス、彼女も拒まず舌を入れてきます。
部屋に入ってすぐ抱きしめます。
さっきから気になってしょうがないおっぱいを揉みしだきます。
スカートを捲し上げて下着にタッチ、もう彼女はすっかり濡れていました。
ボクの理性はそこで完全崩壊、まるでAVみたいだなあと思いながら壁に手をつかせたままショーツをずらしてバックでハメました。
彼女は声を押し殺したままお尻を押し付けるようにボクのを受け入れてくれました。
あまりに早い展開にこりゃすぐイっちゃいそうだと思ったボクは、取り敢えず一旦やめて部屋に上がります。

後はシャワーを浴びて、ベッドで彼女のいやらしい体を朝まで堪能させてもらいました。
どうやら彼女も普段こんなことはしないようでしたが、何か魔が差したんでしょうね。
翌日目を覚ましたら彼女の姿はありませんでした。
テーブルの上にはメモがあり、彼女のメアドが。
あれから数ヶ月経ちますがメールしようかどうか迷ったまま時間が経ちました。
あまりに上手く行き過ぎててちょっと怖いような気もしますし。

関連する記事一覧