ニートでも六本木のBARで美人OLをゲット出来る方法

2,946 views

01001

六本木といえば、高級な飲み屋が立ち並ぶ敷居の高いイメージがあり、当然界隈でナンパできるお姉さんもハイスペックであることが多いのですが、ニートの一番の問題点はお金がないことと、スペックが低いことでしょう。

しかし、言ってしまえばナンパに学歴や職歴のスペックはあまり関係ないのです。
ナンパをするためのお金さえなんとかなれば、あとは普通にナンパを仕掛けていくだけ。
学歴のある男性がナンパ上手とは限りませんし、いきなり職歴や収入を盾に女性に近づいていくわけでもないのです。

六本木のストリートは案外穴場!?

ナンパ師のストリートナンパといえば、渋谷や恵比寿、新宿などが多いですが、六本木のストリートも案外女性が多く、穴場のスポットとなっています。
特に週末の夜は多くの女性が歩いていますから、ナンパをするには十分です。

ハイスペックな女性が必ずしもナンパされ慣れているかといえば、むしろ逆なのでつかみさえ間違えなければ、ハイスペック女子をナンパすることは難しくありません。

とはいえ、明らかにニートであることが丸出しの格好をしていては、一緒に飲み屋に入るのもためらいたくなるかもしれません。
最低限の身だしなみを整えてナンパに臨みます。

ニートであるということは隠せばOK

職業なんていうのは、極端な話、いくらでも嘘をつくことができます。
彼女を探しているわけではなく、その場限りのストナンの場合、多少の嘘も方便なのです。

あとから足がつくことはありませんし、あとあとニートであることがバレたとしても、後の祭りです。
目的さえ達成できれば多少の嘘は目をつぶりましょう。
飲みに連れ出したとしても、なるべく職ははぐらかしつつ会話を進めていけばOKです。

飲み屋帰りのハイスペック女子を狙う

shinjyuku_tocyou20140921220547

合コン帰りや飲み屋帰りの女性にストリートで声をかけてバーへ誘ってもいいですし、バーで飲み屋帰りの女性に声をかけてもいいです。ほろ酔い状態の彼女たちは、普段よりもノリが良く、ユーモアがあればいつもよりもナンパが楽になります。

お残り女子を狙う

合コン帰りやクラブ帰りの女性でひとりやふたりで歩いている場合は、合コンで良い男性を見つけられなかった、あるいはクラブで声をかけられなかった女性も多いです。
出会いを求めてそうした場へ足を運んで、収穫がないというのは女性にとっても悔しいものです。

そのような女性を帰りにナンパする方法は成功率も高く、ちょっとの飲みに付き合ってもらうことができれば、そこからホテルへ誘うことも容易です。

ニートに優しい立ち飲みバー

ニートはいかんせんお金がありませんが、最近では六本木にも低価格な立ち飲みバーがずいぶんと出来ています。
こうした立ち飲みを狙えば、ちょっとの間飲みに誘う後述にもなり、金銭の節約にもなり、一石二鳥です。

立ち飲みバーやストナンをうまく組み合わせていくことで、その場限りのハイスペック女子をゲットすることも決して不可能ではありません。

関連する記事一覧