歌舞伎町のクラブでキャバ嬢を連れ出すテクニック

1,734 views

01001

歌舞伎町といえばクラブやキャバクラのメッカです。
そんな歌舞伎町でキャバ嬢を連れ出すにはさもすごいテクニックが必要なのかと思えばそういうこともなく、結局のところ基本が大事なんですね。

クラブは出会いの場

クラブに来ている男女というのは、出会いを求めていることが多いです。
もちろん、純粋にダンスを楽しみに来ている客層もいますが、見れば一目でわかります。
大抵は出会いを求めてやってきている男女が多いので、とにかくアグレッシブに行くことが大切になります。

相手の顔色を見逃さない

クラブなどでは女性もナンパされ慣れています。
もちろんそのために来ているわけですから当然なのですが、こちらが話しかけた時に、目の動きはだいたい決まっています。
まずは顔を見てそのあと服を見ます。上から足元まで順繰り見て顔に目線が戻ってくるのです。

このさりげない動作を見逃さないようにしましょう。その時点で脈がなければ顔色に出て現れます。
もちろん、営業に行くわけではないのですから顔色ばかりを伺っていては実るものも実りません。
こうしたさりげない人間観察は自然とおこなえるようにするのが大切です。

切り出しが肝心

クラブで話しかけるときは、その話しかけ方が肝心です。
キャバ嬢の場合は特に、クラブやキャバクラで男性にナンパされ慣れていますから、普通の切り出し方ではインパクトを与えられません。

なおさら身だしなみや用紙に目がいくというものです。なので、まずは品定めをしてナンパ待ちをしてそうな子に狙いを定める。
ユーモアのある言葉をかけるということが大切です。

身だしなみや雰囲気から話題を広げていく

最初のつかみがうまくいけば、多かれ少なかれ女性は話を聞いてくれます。
そこからは、相手のことがわからないので見た目や服装などから話を広げていくといいでしょう。

また、そのクラブによく来るのかどうかや、普段はどんな遊びをしているのかなども会話のネタとしては無難です。
もちろん、無難なネタだけではインパクトがないのでユーモアを挟むことを忘れずに。

連れ出す理由はなんでもいい

クラブは出会いを求めてきている人がほとんどですから、意気投合するところまででだいたいの結果が見えます。
そこから先は適当に理由をつけて連れ出せばいいだけなので、肝心なのは品定めと話しかけです。

そこからは、「小腹が空いたからなんか食べに行かない?奢るよ」などでもいいですし、
「暑くなってきたからクールダウンしない?」など、なんでもいいのです。

多少グダるようであれば、グダ崩しを適当に行えば連れ出せる場合が多いです。

キャバ嬢のナンパスポットはクラブだけにあらず

mannequin-574232_1280

クラブ帰りのキャバ嬢や出勤前、仕事帰りのキャバ嬢を狙って話しかける方法もあります。
とりあえず、少しの間話しを聞いてもらう時間を作ることから始め、そこから会話を広げていって新密度を高めていきます。

「コンビニでコーヒー飲む間だけ話に付き合ってよ」など、ちょっとの時間引き留めることが大切で、いきなり「どっか飲みに行かない?」などよりも気さくに話を聞いてくれる可能性が高まります。

関連する記事一覧