クラブナンパ成功の秘訣は苦手アピール

2,755 views

クラブでナンパ

クラブでのナンパについては良くある話しではないでしょうか。
音楽を楽しみにきた女の子たちだけではなく、あまりその場の雰囲気に馴染めない子(落ち着いた雰囲気でクラブ慣れしていそうな子についてはNG)についてはどうその場を楽しめば良いのか、友人の誘いで付いてきたは良いがどうしたら良いかあまりわからないという子がたびたびいます。

クラブに馴染めなず苦手アピール

そんな子に話しをかけてみて、自分は実はあまりこうゆう雰囲気のところが馴染めないと伝え、相手から「実は私も…」など、同調する返答が返ってきたらこっちのもの。
あとは少しその場で会話を弾ませ、この場で話すのは落ち着かないから後で少し落ち着く空間で話しをしようと伝え、友人がいるからここから出られない等の返答が返ってきた際にはその場で連絡先を交換します。

僕はこの方法だけで数回女の子と連絡先を交換したり、その後クラブを出てから一緒に飲みに出かけたり、仲良くなってその後も遊ぶ事が出来るようになりました。実際男女の関係になった方もいたりして…。

不慣れそうな子を見つける目が重要

不慣れな環境では心細さやどうしていいかわからない思いから、同じ様な感情を抱いている人が現れた時に打ち解けやすい傾向があるような気がします。

ただいきなり声をかけて「一緒に飲もうよ」などと言っても、『軽い人』『遊び慣れしてるなこいつ』とどんなにイケメンだろうがマイナスなイメージから入ってしまう事は多いはず。
しかし、そこに自分と同じ心境であり、なかなかなじめないという感情を伝える事で安心感や自分だけじゃないのかと思わせてあげる事で相手の気持ちに寄り添う作業があれば、相手も心を開いてくれるはず。

そして、最初の切り口を出した後も、会話は馴れ馴れしくがつがつしていない方がこのナンパの方法の場合は効果的なように思います。
そんな場だからこそあえて普通のテンションと質問と笑顔で会話を楽しむ事を考える事。そうすれば、一夜限りのお付き合いを求める関係ではなく、その後も仲良く出来る相手となり得るかもしれません。

関連する記事一覧