地下鉄でナンパしてきたサラリーマンとやってしまいました

7,939 views

d019

興味をもった珍しいナンパの仕方とは…

27歳の時の話になります。
その頃私は大阪に長期出張できていました。

いつも通り支社での仕事を終えて、
地下鉄の駅で電車を待っていますと、
サラリーマンだと思われる方がスーツ姿で走ってきて

赤い顔でゼエゼエいいながら「ちょっと待ってください」
といってこられたのです。

私は何事かよくわからないままどうされました?とたずねると
私の通勤してる支社の横のビルで働いていますと自己紹介の後
名詞を差し出してきました。

まさかそれがナンパとは思わず、立ち止まって話をきくと
この後食事でも一緒にどうですか?と仰られ
そこで警戒してしまって断りました。

すると今度は、では一緒に帰ってもいいですか?
ご自宅はどちら方面ですか?僕もその電車で帰りますと。

しかしその方、かばんを会社において走ってきたとのことで
手ぶらでした。なので、少し怖かったのもあってその時は断りましたが

次の朝、その方が通勤する姿をみかけましたので
会釈すると、再度お誘い頂きました。

珍しいナンパの仕方だったので、興味をもってついていきました。

やってしまった理由は寂しさより単なる性欲!?

やってしまった理由は、
寂しさというより、単に性欲だったのだと思います。

道頓堀のバーでサラリーマンと飲んだ後
会話もそこそこ盛り上がり
けっこうほろ酔いになっていていい気分になっていました。

私の彼氏とは遠距離恋愛でしたし、
長年つきあって最初の頃の情熱もお互い冷めているのはわかっていたので
別の人と出かけるのに罪悪感はありませんでした。

二件目のバーにいった時に
会話の流れがやみ、サラリーマンが肩を抱いてきました。

そしてキスをされた時、
私までなんだか変な気持ちになってしまい、
体を触られたくなりました。

でもバーだったのでそこまででストップ。

それがまたいっそうムズムズしてしまい、
店をでた後にホテルに誘われて、そのままついていきました。

ホテルの部屋に入った時には、遠距離の彼氏に罪悪感がわいてきましたが
長い間セックスをしていなかったので
欲求に勝つことはできませんでした。

おそらく私の彼氏も遠くで浮気しているはずだと思い込もうとしたりして
罪悪感をごまかしながら、ナンパしてきたサラリーマンとやりました。

関連する記事一覧