構成作家 tre、いざストリートナンパへ。戦場は上野の路上

2,177 views

上野でストリートナンパ

どうも、ナンパーワン編集、構成作家のtreです。ナンパーワン編集者として、まずはストナンとはいかなるものなのか、体験あるのみ、という事で意を決してナンパをすることに。ただ、ストナンしたことがなく、ガンシカされた時のショックは凄まじいらしいので、そこはうまく痛み分けができるよう、編集長coolを誘い上野でコンビでストナンデビュー。

1. tre、いざ、ナンパへ。戦地は上野

新宿、渋谷、横浜の方が女性も多くて体験するにはもってこいの場所と分かってるのだが、ただ、ここ上野は2人の思い出の地でもあり、ナンパーワンを立ち上げるキッカケにもなった街。玄担ぎの意味も込めてここで勝負を決意。それにナンパするには土地勘を把握している場所の方が連れ出した後の事を考えるとメリット高いしね。連れ出せるか分からないけど。西郷隆盛が俺らにはついている。

さぁいざ行かん!ちなみにストナンは初の試みだが、箱ナンとなると2人とも経験済み。即ったり、準即も経験有り(coolの記事を参考)なので、まぁイケるだろうと考えてました。

がしかし、現実は…『地蔵』

誰に声掛けて良いかわからない!まず、ターゲットが多すぎ。狙い目が全く定まらない。そして、箱ナンと違ってストナンは歩きながらのナンパだからビタ止めさせるの本当難しそう、と2人であーだ、こーだ出来ない理由を探して立ちぼうけ。

これが地蔵ってやつですか…。まぁ、とにかく場数を踏む事が成功への近道と考えて、2人で声掛け決意。

2. ストナン開始

時刻は22時、2人ともアルコール入っているので、ややテンション高めで、駅から繁華街に向かうターゲットに接近!

(学生2人組/スペック2人共に4/10/はっきり言って可愛いとは言えない)

tre「こんばんはぁ~!」
cool「こんばんわぁ~!」

2人「・・・」

tre「あれ?聞こえないのかな?もう帰っちゃうの?」

2人「・・・」

cool「おれら、今から焼肉食べに行くんだけどさ、良かったら食べるとこ、見ててくれない?」

この一言で、1人が若干笑う。
(ナイスだぜ、cool)
その崩しになんとかのるtre

tre「やっぱり、可愛い子に囲まれて食べたいしね、2人が居てくれたら腹がいっぱいになる前に胸がいっぱいになりそうだよ~」

(正直、可愛いとは言い難いけど、ターゲットを褒めるのが大切)

などなど、ターゲットをよいしょすると徐々に和みモードに。

どうやら2人は同じ学校に通う仲良い友達で、今日は上野で買い物をして2軒ハシゴ酒をしたそうな。

明日も朝からバイトらしいので無理せぜ放流!ちなみにスペック低いので連絡先交換はなし。

その後も、何組か声を掛けるがどの子も会話は成り立つが飲み打診までは行かず!!

3.総括

とにかくストナンは足をビタ止めさせないと、何も始まらない。そのためにも己のトーク力に磨きを掛ける、トークテンプレを増やすなど努力が大切。それがコンビナンパならお互いのトークの役割、切り返しを決めておく必要がある。言わば、ボケとツッコミみたいな?

さっそく、treとcoolもストナン時のお互いの役割、ルールを確認して、今週末、リベンジしてきます。

関連する記事一覧