彼とはすれ違い!男性経験に不満があった 愛知繁華街

388 views

彼とはすれ違い!男性経験に不満があった 愛知繁華街

投稿者の名前はるか

年齢28 歳

ナンパされた場所愛知県繁華街

恋人の有無いました

ファッション/系統かわいい系

ナンパされた男性の系統カジュアル系

強気な誘いを断れなかった

大学生の頃、彼氏はいましたが、ちょうどすれ違いの生活で倦怠期にも入り、仲が上手くいってなかった時期でした。私は毎日街中でバイトをし、結構遅い時間に電車に乗ることもしばしばでした。そんな中、いつもとちょっと違うおしゃれをしてバイトにいった時、帰り道に声をかけられました。
その時は、丈の短めの薄手のワンピースに、大きいかわいめのアクセサリーをたくさんつけ、エナメルのヒールをこつこつと響かせていたので、暗い夜の街でも目立ったのかもしれません。2人の男の人に一緒に声をかけられて、「俺達兄弟で、奈良からきたんやけど、道教えてくれへん?」みたいなことを言われた気がします。その時点でちょっと2人ともにやにやしてて、あれ?なんかおかしいな~と思いながら「すいません、わからないので…」と足をとめずに去りました。
でも、次の信号待ちで足をとめたとき、またさっきの2人組が声をかけてきました。「やっぱりちょっと俺達と行かへん?」みたいな感じでした。二度目の声かけにして、明らかにナンパだと気付きました。もともと強くノーといえない性格だったので、一度足をとめてしまったが最後、お話につきあっているうちにだんだんとのせられ、お茶をしにいくことになりました……。
あの頃は彼との仲や毎日のバイトで精神的にも疲れていて、どうでもいいや~遊んじゃえって気のゆるみがあったんでしょうね。割りと気さくなお兄さんというかんじで、服もおしゃれでなかなかのイケメンでした。

男性経験に不満があった

architecture-101634
まずは繁華街のカフェバーに3人で行きました。何気ない話をしつつも、カウンター席で2人に両側から座られてるという警戒がなかなかほどけず、なんでついてちゃったんだろう…と後悔しそうになりました。「お酒飲む?○○ちゃんいくつ?」と一人の人が笑顔できいてきました。20代前半だったので、お酒の席にはワクワクしてしまう年頃でした。つい、カクテルなんかを頼んでしまって、そこからは少し記憶が曖昧です。
もともと付き合っていた彼氏は私のはじめての人で、男性経験が一人だけ、ということにコンプレックスや不満をもって過ごしていたので、遊んでしまいたい!という心の奥の願望が、つい、出てしまったんです。
彼氏のことを聞かれ、ついぐちって話しているうちに気もゆるんできて…太ももに手をのっけられたり、肩をだかれたり、いろいろとスキンシップをとるようになってきて「次のお店いこっか」と、ふらふらの私を支えつつお店を3人であとにしました。そのあとは……ホテルへ。とっくに終電は終わっていました。
彼以外の人とのはじめての経験だし、2人だし、もうなにがなんだかわからなくってどうにでもなれと勢いにまかせて、やってしまいました。今思えば、2人についていくなんて危険なことよくできたなあ~と。若気の至りですね。

関連する記事一覧