実は成功率が高い?一人ナンパを成功させるコツ(暇つぶし女子を狙え)

16,600 views

実は成功率が高い?一人でナンパを成功させるコツ

異性との出会いの一つ、ナンパ。ナンパ、という言葉が流行り出したのは、1980年代から90年代でしょうか。特に男性が女性に声をかけ、交際に発展するまでのその関係を作っていく行動のことを指します。ナンパといえば、大人数で友達と一緒に女性に声をかけるのが一般的でしょう。
しかし、実はナンパを成功させるコツは、一人で行うということなのです。友人と行った方が気が大きくなり、声をかけやすいかもしれませんが、実はそうではりません。そのようなナンパのコツを紹介していきます。

ナンパをするのは一人に限る!

ナンパは一人に限ります。なぜなら、横に友人がいるということで、素の自分を出すことができません。一人ならば、多少の恥ずかしいことやオーバー気味な自分を演出することができます。
ナンパのコツは、いかに己を捨て、恥ずかしさを捨てれるか、というところにあります。もじもじしている男性では、やはり成功しません。そのもじもじを克服するために大切な事は、慣れです。ひとりでどんどんナンパの数をこなすことで、女性に対しての話しかけるコツがつかめてきます。それがやがて、自分のスキルとなのです。どんどん失敗し、会話力と自信を養っていくことがポイントです。

ナンバの成功は、第一声で決まるとも言われています。その第一声と第一印象で、女性はその男性のすべてを判断します。やはり、ある程度の「掴み」を持っておくのがコツです。 一つでも、何かこの人は面白そうな人だなと、注意を引くようなつかみを持つのです。

複数人でのナンパは成功率が下がる

また、例えば複数人でナンパをした場合、その相手は、一人の判断ではついていきません。もう片方の女性が嫌だと思えば、それは成功しないのです。このことから、二人でナンパをする場合は、成功する確率が低くなるということです。結局、声をかける側としては面倒なことが一つ増えるだけなのです。
声の掛け方ですが、いちばんオーソドックスな声の掛け方は、道を聞くというものです。これは特に、夜に行うと成功率が高いです。「どこどこへ行きたいのですが、どう行ったらいいのでしょうか」ということをさりげなく聞き、あわよくばその方向へ一緒に歩いていくその途中で、仲良くなるというものです。例えば、いきなり「遊びに行こうよ」と言うのでは、まず成功しません。女性側の警戒心が違います。遊ぶ前提ではなく、知り合うきっかけを作るだけでいいのです。道を教える、というありがちなセリフですが、これはナンパの魔法のセリフと言えます。

相手をよく観察するべし

またナンパをする場合、その相手を見る力が必要となってきます。女性がこれから帰る、また友人との約束に向かうということでは、まず成功しません。何か用事をした後、また、暇を持て余している、寂しそうだ、ということを読み取るコツが必要です。これには持ち物や、行動から読み取ることができます。携帯を暇そうに眺めながらふらふら歩いている女性、表情なども見逃してはいけません。この相手を見極めるコツがわからないと、いつまでたっても断られてばかりで成功はしません。これも数をこなしていけばわかってきますが、やはり初めの内はなかなそう上手くいきません。
失敗した場合、何がいけなかったのか、と自己分析する、また声をかける前にシュミレーションを行う、ということもポイントです。

関連する記事一覧